コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

問屋場 とんやば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

問屋場
とんやば

江戸時代,宿駅人馬の継立 (つぎたて) ,助郷 (すけごう) 賦課などに関する事務をとる役所。駅亭,伝馬所,馬締ともいう。業務は問屋 (または問屋役) が主宰し,ほかにその補佐役の年寄,さらに人馬の出入りや賃銭などを記入する帳付,人馬を割当てる馬指などの役があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

問屋場【といやば】

近世の宿駅において公用交通のための伝馬・人足の継立てを差配する施設。五街道では宿駅ごとに置かれ,複数の問屋場がある場合は半月や10日交替で業務を行った。問屋場には問屋・年寄の宿役人のほか,問屋が奉公人として雇った帳付(ちょうづけ)・馬指(うまさし)という下役が詰めていた。問屋は宿駅・助郷(すけごう)の人馬を差配し,公私の人馬継立てや休泊に関する一切の駅務を管掌した。年寄は問屋の補佐役,帳付は毎日の人馬の出入りを記帳,馬指は宿駅・助郷人馬に荷物を差配した。1868年伝馬所取締役が設置され,問屋場は伝馬所と改称された。1872年宿駅制度が廃止となった。
→関連項目宿・宿駅

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

といやば【問屋場】

近世の宿の事務を扱う場所。伝馬所または会所ともいう。宿役人の長である問屋の屋敷の一部をあてることもあり,別に設置する場合もあった。問屋が2人いれば問屋場も2ヵ所になり,問屋の数に応じた。問屋場へ詰めるのは問屋・年寄の宿役人と帳付・馬指(うまさし)・人足指などの実務に当たる者で,通常は交代で出勤するが,大通行のときには全員が詰める。問屋場で扱うのは公用またはそれに準ずる武家・公家あるいは書状・御用物等であるが,宿人馬で不足のときには助郷(すけごう)の人馬を寄せ集めておき,ときには数百頭数千人にも及ぶ人馬を差配するから,戦場のような騒ぎになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

といやば【問屋場】

江戸時代、街道の宿駅で人馬の継ぎ立てなど種々の事務を行なった所。伝馬所。とんやば。

とんやば【問屋場】

といやば(問屋場)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の問屋場の言及

【宿場町】より

… 宿の長を古くは長者といったが,江戸時代には問屋といい,1名または2名ぐらいいて,人馬の継立てや休泊に関する業務をつかさどった。その事務をとる所を問屋場という。問屋の補佐役は年寄で,数名のことが多い。…

【問屋場】より

…宿役人の長である問屋の屋敷の一部をあてることもあり,別に設置する場合もあった。問屋が2人いれば問屋場も2ヵ所になり,問屋の数に応じた。問屋場へ詰めるのは問屋・年寄の宿役人と帳付・馬指(うまさし)・人足指などの実務に当たる者で,通常は交代で出勤するが,大通行のときには全員が詰める。…

※「問屋場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

問屋場の関連キーワード問屋駕籠・問屋駕篭かすみがうら(市)長野県小諸市市町岩淵(東京都)継ぎ場・継場起(愛知県)印西[市]関川(村)飯舘[村]富岡(市)枚方(市)町(まち)貫目改所江戸時代問屋駕籠雲之介東海道小仏関川会所倉賀野

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

問屋場の関連情報