コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉頭けいれん こうとうけいれんLaryngeal Spasm

家庭医学館の解説

こうとうけいれん【喉頭けいれん Laryngeal Spasm】

[どんな病気か]
 一時的に両側の声帯(せいたい)が内転し、声門(せいもん)がけいれんして閉鎖し、呼吸ができなくなる病気で、喉頭の気道防御作用が過度に現われたものと考えられています。
[症状]
 おとなは、声門の高度の狭窄(きょうさく)による吸気性喘鳴(ぜんめい)(息を吸うときのゼーゼーヒューヒューいう音)や陥没性呼吸(かんぼつせいこきゅう)(息を吸うときの胸のへこみ)、呼吸困難感などがおこります。
 子どもでは、生後4か月ごろから2歳までにおこることが多く、重症の場合はチアノーゼや失禁(しっきん)、全身けいれんなどがみられることがあります。子どもの突然死の原因の1つになると考えられています。
[原因]
 子どもは、くる病(「くる病(子どもの骨軟化症)」)やテタニーの部分症状のことがあります。
 おとなは、神経質な性格などが素因となっておこることがあります。また、破傷風(はしょうふう)(「破傷風」)や尿毒症(にょうどくしょう)(「尿毒症」)などによっておこる一症状である場合もあると考えられています。
[治療]
 発症直後は、頸部(けいぶ)を冷やすことが効果的とされています。また、カルシウム剤精神安定剤の使用も有効とされています。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone