コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堪らない タマラナイ

デジタル大辞泉の解説

堪(たま)ら◦ない

その状態を保てない。「そんなに乱暴に着たら服が―◦ない」
感情などをがまんできない。「腹がへって―◦ない」「友だちに会いたくて―◦ない」
この上なくよい。なんともいえないほどいい。「仕事のあとの一服は―◦ない」
程度がはなはだしい。「映画が―◦なく好きだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまらない【堪らない】

( 連語 )
〔動詞「堪る」に打ち消しの助動詞「ない」の付いたもの。「たまらぬ」の形でも用いられる〕
持ちこたえられない。だめになってしまう。 「いくら丈夫な身体でも無理がつづいては-・ない」
ある感情・感覚をおさえきれない。がまんできない。 「現在の生活が-・なくいやになる」 「寒くて-・ない」
…されることに耐えられない。とても困る。 「毎朝五時に起こされたのでは-・ない」
この上なくいい。とてもすばらしい。 「この味が-・ない」 「 - ・ない魅力だ」
程度がはなはだしい。じっとしていられないほどである。 「 - ・なくかわいい」 「 - ・なく好きだ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

堪らないの関連キーワード寂しい一服

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堪らないの関連情報