コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営田 えいでんying-tian; ying-t`ien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

営田
えいでん
ying-tian; ying-t`ien

中国の官田の一種。兵士に割当て耕作させるものを屯田と呼ぶのに対し,一般農民に耕作させる官田を営田と呼んだが,両者は混同もされた。官田を農民に耕させることは漢代の仮田にさかのぼるが,営田は唐・宋時代に多く用いられ,元・明時代には民屯となった。唐中期には節度使が営田使を兼ね,唐後期に一時戸部直属となり,宋代には諸路転運使安撫使が多く兼ねた。農民からおおむね収穫の半分を徴収して軍糧にあてた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいでん【営田 yíng tián】

中国,唐・宋時代の官田経営の一形態。辺境地帯で軍粮確保のために兵に耕作させる屯田に対し,営田は民を募集して耕作させ,州県の財政に充てるのをいったが,軍粮生産を目的とする場合も多く,両者の区別は必ずしも厳密ではない。兵屯に対し民屯の意にも用いられる。はじめ華北に多く,南宋になると金との国境線に沿って数多くおかれた。はじめ営田務がおかれ営田使が管轄したが,宋に入って営田が官の荘園として経営されるようになると,土豪層が監荘に充てられ,県知事・県尉が総監し,路の転運使に所属した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えいでん【営田】

農業を営むこと。
奈良・平安時代の耕作地の形態。公営田くえいでんと私営田とがあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

営田
えいでん

中国・日本古代の官による田地耕営。地方官が農民を募集して荒れ地を開墾耕作させ、収穫の半分ないし大部分を官の手に収めた。兵士による屯田と区別されたが、いずれも官営田として共通性があり、名称の混同もみられた。中国では南北朝時代から、唐、宋(そう)にかけて行われ、唐代では州の長官や節度使が営田使を兼ね、のちには中央の戸部の営田務が管轄した。唐後期以降に置かれた官荘も営田と似た性格をもつ。北宋の北西国境地方では、民兵の弓箭(きゅうせん)手を営田に使役した例もある。
 日本では平安時代初期の9世紀に公営田(省営田、国営田を含む)が行われるとともに、王臣勢家、国郡司、富農による農地開発も私営田とよばれた。[池田 温]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の営田の言及

【屯田】より

…辺境や新開地あるいは戦乱災害等による荒廃地に,兵士もしくは移住民を招来し開墾耕営に従事させ,収穫を官に納めて軍糧に供し,あるいは蓄積に充て,住民の安定と国庫の充実をめざす中国歴代の土地政策,またその耕地をいう。主体が兵士によるものを軍屯,一般民を主とするものを民屯とよび,唐・宋代には営田の語も互用された。屯田は官田の一種であり,屯兵・屯民にはおおむね一定面積が割り当てられ,種子,役畜,農具は官給,収穫の大部分を官収するのを基本とするが,年を経て家族をもち定着するにつれて田地私有化の傾向を生じ,民田に移行することが多かった。…

※「営田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

営田の関連キーワード荘園(日本)太田[町]千畑[町]平忠常の乱藤原実遠小野岑守藤原清廉勝ちさび堀ノ内勅旨田秦永成御稲田高望王畔・畦大宰府哥舒翰顔杲卿公営田官荘池田

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android