コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囃す ハヤス

デジタル大辞泉の解説

はや・す【×囃す】

[動サ五(四)]《「栄やす」と同語源》
手を打ったり、声を出したりして歌舞の調子をとる。「手拍子を打って―・す」
囃子(はやし)を奏する。「笛太鼓で―・す」
声をそろえてあざけったり、ほめそやしたりする。「弱虫やあいと―・す」「やんやと―・されて得意になる」
取引市場で、値を上げる材料として言いたてる。「不況に強い食品株が―・される」
[可能]はやせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はやす【囃す】

( 動五[四] )
〔「栄やす」と同源〕
手を打ち鳴らしたり、囃子詞はやしことばを唱えたりして、歌舞の調子をとる。 「一人が歌い、一人が-・す」
囃子を奏する。 「笛・太鼓で-・す」
からかったり、冷やかしたり、ほめたりする言葉を大声で唱える。 「いたずらっ子たちが-・す」
株や商品の市場で、有望なものとして皆が取りざたする。 「建設株が-・されている」
[可能] はやせる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

囃すの関連キーワード囃し物(囃子物)囃田・囃子田七種を囃すやすらい祭七種・七草田植草紙馬鹿囃子打ち囃す能の用語祭囃子福の神囃子舞囃子田立役一調男舞神舞田唄鼓唄調べ