コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国富町 くにとみ

1件 の用語解説(国富町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国富〔町〕
くにとみ

宮崎県中部,大淀川の支流本庄川の流域にある町。1956年本庄町と八代村が合体して発足。1957年木脇村を編入。江戸時代,本庄地区は延岡藩に属したのち天領となり,八代地区は薩摩藩,木脇地区は高鍋藩に属していた。北西部は九州山地の前山で国有林が多く,本庄川流域では米作が行なわれるほか,特にキュウリ,ピーマンなどの施設園芸が発達。本庄川上流の綾川の総合開発によって台地面では畑地灌漑が行なわれ,サトイモ,ダイコンの生産が多い。中心集落の本庄では本庄紙を特産していた。本庄古墳群(国指定史跡)をはじめ,万福寺,法華嶽薬師寺などの名刹,本庄の石仏など遺跡が多い。面積 130.63km2。人口 1万9606(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国富町の関連情報