国民同盟(読み)こくみんどうめい(英語表記)Alleanza Nazionale

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国民同盟(イタリアの政党)
こくみんどうめい
Alleanza Nazionaleイタリア語

1995年1月に結成された、南部と一部中部をおもな地盤とするイタリアの右派政党。略称はAN。指導者ジャンフランコ・フィーニGianfranco Fini(1952― )。2009年に解党。
 第一共和制時代の極右のネオファシスト政党、イタリア社会運動を前身とする。同党は1980年代には穏健化し、右翼政党化していた。1990年代初頭、第一共和制の崩壊で総選挙に向けて党の刷新が課題となるなかで、国民同盟は、当初政党連合として結成された。第一次ベルルスコーニ政権の与党となった後、1995年1月正式に政党となる。党指導者のフィーニは、旧来の極右政党のイメージを刷新し、現代的な右派政党への転換を図った。2008年、フィーニが下院議長に選出されると、名目上党首を辞任する。その後2009年、新党の自由国民へ合流するために解党した。
 党のイデオロギーは、部分的にネオファシズムの流れを依然含むものの、ナショナリズム的保守主義と規定する論者もいるように、基本的には保守主義色が強かった。政策的には、移民流入への強い反対、法と秩序の重視、カトリックの宗派的価値の擁護など社会文化的保守主義に加え、イタリアの中央集権的国家構造と政府の経済的役割の維持を支持した。これは同党の基盤が、前身のイタリア社会運動以来、おもに経済的に発展の遅れた南部地域であったため、公共事業や福祉など中央政府からの支援を重視していたからである。一部中部地域でも、移民流入を警戒し、北部同盟(現、同盟)の分離主義を計画する保守勢力からも支持を得た。そのため、同じ中道右派連合内でも北部の自立を主張する北部同盟、さらには全国政党でありながら北部を拠点とするフォルツァ・イタリア系の勢力とは、摩擦を抱えることになった。[伊藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android