土佐(市)(読み)とさ

日本大百科全書(ニッポニカ)「土佐(市)」の解説

土佐(市)
とさ

高知県中南部にある市。土佐湾に臨む。1958年(昭和33)高岡宇佐の2町と新居(にい)村が合併して新高岡町となり、翌年市制施行して土佐市成立。国道56号が通じ、高知自動車道の土佐インターチェンジが設置されている。市域仁淀(によど)川下流右岸に広がり、東西走する標高300メートル前後の五領寺山脈によって北の高岡地区と南の宇佐、新居地区に分けられる。仁淀川の支流波介(はげ)川流域の高岡平野は低湿でイグサの生産が多く、高岡の市街地が位置する段丘にかけては施設園芸が、山麓(さんろく)ではブンタンなどの柑橘(かんきつ)類の栽培がみられる。また、高岡近郷では古くから和紙業が発達し、多くは機械漉(す)きに移行したが、手漉きも残る。新居は仁淀川河口の氾濫(はんらん)原に位置し、キュウリ・ピーマンなどの施設園芸やスイカ生産が盛ん。浦ノ内湾口に位置する宇佐は土佐湾沿岸の代表的カツオ漁港の一つとして知られ、土佐かつお節製造の発祥地ともいわれる。かつお節製造が盛んであるが、近年カツオ一本釣りは不振で、移入原料に依存する割合が高くなっている。湾口付近は遠浅潮干狩、海水浴などができ、対岸の横浪(よこなみ)半島との間には1973年宇佐大橋が架設された。横浪半島は県立自然公園となっている。甲原松尾山のタチバナ群落、五色ノ浜の横浪メランジュは国指定天然記念物。高岡に四国八十八か所第35番札所清滝(きよたき)寺、宇佐に第36番札所青竜(しょうりゅう)寺がある。蓮池太刀踊りは県指定の無形民俗文化財。面積は91.49平方キロメートル、人口2万7038(2015)。

[正木久仁]

『『土佐市史』(1978・土佐市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android