コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐神社 トサジンジャ

デジタル大辞泉の解説

とさ‐じんじゃ【土佐神社】

高知市にある神社。祭神は味鉏高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)。土佐国一の宮通称、志奈禰様(しなねさま)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

土佐神社【とさじんじゃ】

高知市一宮(いっく)に鎮座。旧国幣中社。アジスキタカヒコネノミコトをまつる。旧称は高賀茂大明神延喜式内の大社とされ,土佐国の一宮。例祭は8月25日。ほかに斎籠(いごもり)祭(3月11〜13日)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

土佐神社

高知県高知市にある神社。創祀は不明。祭神は味鋤高彦根神(あじすきたかひこねのかみ)、一言主神(ひとことぬしのかみ)。土佐国一之宮。本殿は国の重要文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とさじんじゃ【土佐神社】

高知市一宮に鎮座。味鉏(あじすき)高彦根命をまつる。古くより,土佐にます神,土佐高賀茂大社,高賀茂大明神ともいわれてきた。《延喜式》神名帳には〈都佐坐神社〉と見えているが,859年(貞観1)従五位下,940年(天慶3)には正一位を授けられた。土佐国の一宮であった。1871年国幣中社。例祭は8月25日で,古式祭として由緒のある神幸神事,志那禰(しなね)祭が行われる。特殊神事も多く,1月15日の射初祭,1月16日の射揚祭,3月11~13日の斎籠(いごもり)祭,5月12日の御田祭,6月5日の兵燹(へいせん)祭などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とさじんじゃ【土佐神社】

高知市一宮にある神社。味鉏高彦根命あじすきたかひこねをまつる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土佐神社
とさじんじゃ

高知県高知市一の宮に鎮座。味高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を祀(まつ)る。『日本書紀』に「土左大神(とさのおおかみ)」とみえ、古来より土佐高賀茂(たかかも)大社、高賀茂大明神とも称したという。『延喜式(えんぎしき)』神名帳には、名神(みょうじん)大社としてその名がみえ、940年(天慶3)には正一位となった。土佐一宮(いちのみや)。俗に志那禰(しなね)さまという。土佐国総鎮守として、とくに武門の崇敬厚く、長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)や山内一豊(やまうちかずとよ)が、本殿、幣殿、拝殿の再興や社領を免許した。1871年(明治4)国幣中社に列した。例祭は8月25日。3月11日より13日まで斎籠祭(いこもさい)が行われる。本殿、幣殿、拝殿、鼓楼(ころう)、楼門は国の重要文化財。古鏡(こきょう)、太刀(たち)、能面、鯰尾(ねんび)の鉾(ほこ)などの宝物がある。[落合偉洲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

土佐神社の関連キーワード斎籠祭り・斎籠祭・斎篭祭り・斎篭祭高知県高知市一宮しなね高知県高知市長宗我部元親近江井関家高知(市)井関親信忌籠り祭忌籠祭谷忠澄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土佐神社の関連情報