コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地割り とちわり land division

1件 の用語解説(土地割りの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とちわり【土地割り land division】

土地の所有,利用の必要から行われる土地の区画。地割りともいう。宅地割り(屋敷割り),耕地割り,道路割りなどを含む。その成立において自然発生的(非計画的)のものと計画的のものとがある。自然発生的土地割りは,土地を利用していくに際して特別の計画なしに土地が区画されたもので,一般にその場所に応じた不規則な形態を示す。たとえば,河流や傾斜などの地形,土地利用などに応じて種々の特徴をもつ。扇状地面上や沖積低地では,網状流や蛇行流により生じた旧河道に沿って傾斜方向に耕地の列が並んでいるのが特徴であり,平坦な沖積低地においては水田の形は不等辺多角形(とくに亀甲形)のものが見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土地割りの関連キーワード境界土地利用図界標設置権私水承役地土地所有権領地地貰い筆界借地権付住宅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone