コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土生遺跡 はぶいせき

2件 の用語解説(土生遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はぶいせき【土生遺跡】

佐賀県小城郡三日月町久米字土生にある弥生時代前期から中期にかけての集落跡。脊振山地西端の天山から流下する祇園川が形成した扇状地の扇端部の標高7mに位置し,南北約700m,東西約500mの範囲にある。1971年,72年に発掘調査され,竪穴住居跡,貯蔵穴,井戸が検出された。竪穴住居跡には直径10~15cmの柱根が残存していた。柱の下端は伐採したままのとがったもの,平端に調整したものがあり,なかには桟穴(えつりあな)のあるものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

はぶいせき【土生遺跡】


佐賀県小城市三日月町にある集落跡。佐賀平野の西北部を南下し、有明海に注ぐ祇園川と晴気川が形成する扇状地の端に立地する。この地域には弥生時代から古墳時代の集落跡や墳墓群が点在し、土生遺跡からは住居跡が発見され、多数の木製農耕具・石器類・土器類などが出土した。農耕社会朝鮮半島との交流を解明するうえで重要とされ、1973年(昭和48)に国の史跡に指定された。出土した城ノ越式土器などから、主として弥生時代中期の農耕集落遺跡とされ、住居跡にともなうと推定される柱根十数本は、直径30cm前後、底部には運搬のための筏穴を設けるなど、弥生時代の建築部材としては珍しい例とされている。わが国の初期農耕文化の実相を考えるうえで重要な遺跡である。現在、公園として竪穴(たてあな)住居3棟、高床倉庫1棟を復元。JR唐津線小城駅から徒歩約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

土生遺跡の関連キーワード佐賀県小城市三日月町石木佐賀県小城市三日月町織島佐賀県小城市三日月町金田佐賀県小城市三日月町久米佐賀県小城市三日月町甲柳原佐賀県小城市三日月町長神田佐賀県小城市三日月町樋口佐賀県小城市三日月町堀江佐賀県小城市三日月町三ヶ島佐賀県小城市三日月町道辺

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土生遺跡の関連情報