コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城山古墳 しろやまこふん

1件 の用語解説(城山古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しろやまこふん【城山古墳】

大阪府藤井寺市津堂に所在する前方後円墳羽曳野(はびきの)丘陵北西の平野のなかに南東面して営まれる。全長200m,後円部径124m,前方部幅117mをはかる。室町時代に城郭に利用したところから,この名称が生まれた。墳丘に葺石(ふきいし),埴輪をそなえる。1912年に後円部から,竪穴式石室長持形石棺をおさめた埋葬施設が発見され,副葬品がとりだされたのを機縁に,坪井正五郎が実地調査した。副葬品には鏡,玉類,碧玉製腕飾類,滑石製模造品,金銅製弭(ゆはず),銅鏃,巴形銅器,短甲,刀剣などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

城山古墳の関連情報