塩化コバルト(読み)エンカコバルト

世界大百科事典 第2版の解説

えんかコバルト【塩化コバルト cobalt chloride】

化学式CoCl2。無水和物と種々の水和物が知られているが,最も一般的な塩は6水和物CoCl2・6H2Oである。無水和物は潮解性のある青色の結晶で,三方晶系に属する。メチルアルコール,エチルアルコール,アセトンなどによく溶け青色溶液となる。水に溶けると赤色になる。6水和物は赤色結晶で,単斜晶系に属する。水溶液を加熱濃縮すると青色を呈し,また濃塩酸を加えても,エチルアルコールに溶かしても青色になる。6水和物から条件を変えることによって,4水和物(桃赤色),2水和物(赤紫色),1.5水和物(暗青紫色),1水和物(青紫色)が得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんかコバルト【塩化コバルト】

普通、塩化コバルト(Ⅱ) CoCl2 のこと。数種類の水和物がある。六水和物は赤色、無水物は淡青色の結晶。水和の数で色が違うので希薄溶液を紙にしみ込ませて乾かしたものは「あぶり出し」になる。また、濾紙ろしなどに吸収させて、乾湿指示薬として用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化コバルト
えんかこばると
cobalt chloride

コバルトと塩素の化合物。酸化数およびのものが知られている。
(1)塩化コバルト() 無水和物のほか、一、二、四、六水和物が知られている。コバルトの微細粉末を塩素中で加熱すると無水和物が得られる。青色の潮解性固体。容易に水に溶けて淡赤色の溶液を、またアルコールに溶けて濃青色の溶液を与える。湿った空気中でも水和して青色から淡赤色に変わる。この性質はシリカゲルなどの乾燥剤のインジケーターとして広く利用されている。水溶液から室温で結晶させると橙赤(とうせき)色の六水和物が、52℃以上では紫色の二水和物が、そして90℃以上では青紫色の一水和物が得られる。
 六水和物は構造としては無水和物とはまったく異なり、trans-[CoCl2(H2O)4]・2H2Oと書くべきものである。加熱すれば脱水をおこし、真空中では150℃で無水和物となる。
(2)塩化コバルト()CoCl3 固体としては純粋な形で取り出されていない。溶液中の組成も不明である。[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android