コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城家法度 ゆうきけはっと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結城家法度
ゆうきけはっと

結城氏新法度』ともいう。下総結城地方の戦国大名結城政勝が制定した分国法弘治2 (1556) 年 11月 25日成立。本文 104ヵ条,追加2ヵ条から成る。刑事,民事関係,年貢納付,商取引など多岐にわたる代表的な戦国家法。特に商人,下人に関する規定が多いことで注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆうきけ‐はっと〔ゆふきケ‐〕【結城家法度】

弘治2年(1556)下総(しもうさ)の結城政勝が制定した分国法。内容は、家臣・商人・下人などについての人身規定、訴訟・裁判手続きなど多岐にわたる。結城家新法度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

結城家法度【ゆうきけはっと】

戦国大名結城氏の分国法。1556年結城政勝の制定した107条の法典。前文に〈新法度〉の文言があるため,《結城氏新法度》とも呼ぶ。家臣統制を目的とする趣旨を前文で述べ,刑事・民事・軍事などにわたる。
→関連項目公界結城氏

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうきけはっと【結城家法度】

1556年(弘治2)下総国結城の領主結城政勝が制定した代表的な分国法。1巻。前文に〈新法度〉の文言があるので《結城氏新法度》とも呼ばれる。原本は太平洋戦争の戦火で焼失したため,東京大学史料編纂所影写本松平基則氏所蔵文書所収の写し以外に見ることはできない。冒頭に制定趣旨を述べた前文を置き,ついで104ヵ条に及ぶ本文と政勝の次代晴朝の追加3ヵ条がある。つごう107ヵ条に及ぶ条項は,戦国家法としては伊達氏の《塵芥集》についで長大なものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうきけはっと【結城家法度】

下総しもうさの戦国大名結城政勝が1556年に制定した分国法。一〇六条が現存。内容は多方面にわたるが、特に家臣団の統制や商人・下人の身分に関する規定が多い。結城家新法度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結城家法度
ゆうきけはっと

下総(しもうさ)国結城(茨城県結城市)城主結城政勝(まさかつ)が1556年(弘治2)に制定した家法。本文中に「新法度」とみえるので結城氏新法度ともいう。結城氏の末裔(まつえい)松平基則(もとのり)所蔵の写本一巻は第二次世界大戦の戦火で焼失したが、東京大学史料編纂(へんさん)所にその影写本がある。前文、本文104条、追加3条、家臣連署請文(うけぶみ)からなり、質量ともに伊達(だて)氏の「塵芥(じんかい)集」に比肩される。戦国家法の代表である。内容は家臣、商人、下人などについての人身規定、刑事・民事の訴訟・裁判手続、領内支配など多岐にわたるが、とくに緊迫した軍事状況のなかでの家中統制に関する規定が多い。この法度は規制対象が家中に限定され、適用範囲もほぼ結城城領に限られている点に最大の特色がある。[市村高男]
『佐藤進一・池内義資・百瀬今朝雄編『中世法制史料集 第三巻』(1965・岩波書店) ▽石井進・石母田正・笠松宏至・勝俣鎮夫・佐藤進一編『中世政治社会思想 上』(1972・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

結城家法度の関連キーワード笠松宏至家臣団現存

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android