コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大国荘 おおぐにのしょう

2件 の用語解説(大国荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大国荘【おおぐにのしょう】

伊勢国飯野(いいの)・多気(たけ)両郡にあった荘園で,現三重県多気(たき)町弟国(おうぐに)を中心とする地域。812年桓武(かんむ)天皇の皇女故布施(ふせ)内親王の家領であった185町余が嵯峨(さが)天皇により京都東寺に施入されて成立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおぐにのしょう【大国荘】

伊勢国飯野・多気両郡にあった荘園。現,三重県多気郡多気町弟国を中心とする地域。812年(弘仁3)桓武天皇皇女故布施内親王の墾田185町余が嵯峨天皇より東寺へ施入されて成立。平安~南北朝期までは東寺長者渡領,1343年(興国4∥康永2)時の長者賢俊より東寺供僧・学衆方へ寄進され,供僧・学衆方領となる。835年(承和2)荘内の散在公田と川合荘田と交換,一円化がはかられ,832年(天長9),856年(斉衡3),飯野郡の浪人が施入され,荘官も坂田川成・同良成の名がみえるなど,荘支配体制が整えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大国荘の関連キーワード大河内官省符荘自墾地系荘園北畠神社斎宮寮多気宮水銀粉伊勢風参宮線奥伊勢おおだい

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone