コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大隅石 おおすみいしosumilite

世界大百科事典 第2版の解説

おおすみいし【大隅石 osumilite】

化学組成は(K,Na,Ca)(Mg,Fe)2(Al,Fe)3(Si,Al)12O30・H2O。六方晶系,暗青色ないし黒色の柱状または板状結晶をなす鉱物。比重2.64,へき開はない。火山岩の孔隙や石基に出現し,また熱変成を受けた火山放出物先カンブリア時代の高変成相であるグラニュライトからも発見されている。この鉱物は高温低圧鉱物であるが,相平衡実験によると,圧力5~9kbar(深さ20~32km)までは存在しうる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大隅石の関連キーワード大隅石(データノート)大隅石(おおすみいし)大隅石(おおすみせき)化学組成杉石

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android