コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天売島 てうりとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天売島
てうりとう

北海道北西部,日本海に浮ぶ島。羽幌町に属する。天明6 (1786) 年に天塩場所が開設されてからニシン漁で繁栄したが,1956年頃を境に,ホタテガイの採取,カレイ刺網,タコ漁などの沿岸漁業に転換。全島暑寒別天売焼尻国定公園に属し,奇岩,断崖が多い南西部の海岸は,ウミガラス (オロロンチョウ) ,ウミウなど海鳥の繁殖地で天然記念物羽幌港フェリーで結ばれる。面積 5.50km2。人口 476 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てうり‐とう〔‐タウ〕【天売島】

北海道北西部、日本海上の島。羽幌町に属する。海食崖が連なり、オロロン鳥ウミネコなど海鳥の繁殖地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

天売島【てうりとう】

北海道羽幌町に属し,約30km沖にある小島。〈てうれ〉とも。面積5.47km2。近世には〈へうれ〉〈テウレ〉などとみえ,ニシン・サケ・タラ・ナマコ・コンブなどを産物とした。
→関連項目暑寒別天売焼尻国定公園羽幌[町]焼尻島

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てうりとう【天売島】

北海道留萌(るもい)支庁羽幌町の西方約30kmの日本海上に浮かぶ島。人口530(1995)。周囲約12km,面積約5.5km2の小島で,北西海岸は最高150mの海食崖が続き,海中には屛風(びようぶ)岩,女郎子(じよろつこ)岩などがそそり立つ。集落は東部海岸沿いに散在し,北部の天売港から羽幌港へ定期船が通じる。1786年(天明6)漁場が開設され,ニシン漁でにぎわった。現在も住民の大半はウニ,アワビコンブなどの採取漁業を営む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てうりとう【天売島】

北海道北西部の羽幌町に属し、日本海上にある小島。オロロンチョウ(ウミガラス)・ウミネコの繁殖地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕天売島(てうりとう)


北海道北西部、羽幌(はぼろ)町沖約30kmの日本海に浮かぶ小島。東方約4kmに焼尻(ぎしり)島がある。面積5.5km2。羽幌町に属する。北西岸は高さ約180mの海食崖(かいしょくがい)が発達。ウミガラス(オロロンチョウ)などが飛来する海鳥繁殖地は国の天然記念物。暑寒別(しょかんべつ)天売焼尻国定公園に含まれる。かつてのニシン漁に代わり、ウニ・アワビ漁が盛ん。羽幌港から定期船が運航。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天売島
てうりとう

北海道北西部、留萌(るもい)振興局管内の羽幌(はぼろ)町に属す島。面積5.50平方キロメートル。町の西方約30キロメートルの日本海上にあり、約4キロメートルの武蔵(むさし)水道を隔てて焼尻(やぎしり)島と相対する。1786年(天明6)天塩(てしお)場所設置以後に漁場が開かれ、以来ニシン漁でにぎわった。近年はウニ、アワビ、コンブなどの採取や沖合いの武蔵堆(たい)などへの出漁が行われる。天売焼尻道立自然公園に指定された景勝地で、北西岸は海食による断崖(だんがい)が連なり、海中に屏風(びょうぶ)岩、女郎子(じょろっこ)岩などがある。付近一帯はウトウ、ウミネコなど海鳥の繁殖地(国の天然記念物)。羽幌港、焼尻港とを結ぶ定期船便がある。人口366(2009)。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天売島の関連キーワード北海道苫前郡羽幌町北海道海鳥センターウミネコ(海猫)オオセグロカモメネコノミクスケイマフリ羽幌(町)ウミスズメ暑寒別岳岡本次郎留萌市ウトウ海烏

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天売島の関連情報