天売島(読み)てうりとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天売島
てうりとう

北海道北西部,日本海に浮ぶ島。羽幌町に属する。天明6 (1786) 年に天塩場所が開設されてからニシン漁で繁栄したが,1956年頃を境に,ホタテガイの採取,カレイ刺網,タコ漁などの沿岸漁業に転換。全島暑寒別天売焼尻国定公園に属し,奇岩,断崖が多い南西部の海岸は,ウミガラス (オロロンチョウ) ,ウミウなど海鳥の繁殖地で天然記念物羽幌港フェリーで結ばれる。面積 5.50km2。人口 476 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

天売島【てうりとう】

北海道羽幌町に属し,約30km沖にある小島。〈てうれ〉とも。面積5.47km2。近世には〈へうれ〉〈テウレ〉などとみえ,ニシン・サケ・タラ・ナマコ・コンブなどを産物とした。海岸段丘と丘陵からなり,集落は標高15mの最下段段丘に発達。ニシン漁消滅後はコンブ,アワビなど磯物を採取。ウミガラス(オロロンチョウ)など海鳥繁殖地(天然記念物)。羽幌から船便がある。
→関連項目暑寒別天売焼尻国定公園羽幌[町]焼尻島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てうりとう【天売島】

北海道留萌(るもい)支庁羽幌町の西方約30kmの日本海上に浮かぶ島。人口530(1995)。周囲約12km,面積約5.5km2の小島で,北西海岸は最高150mの海食崖が続き,海中には屛風(びようぶ)岩,女郎子(じよろつこ)岩などがそそり立つ。集落は東部海岸沿いに散在し,北部の天売港から羽幌港へ定期船が通じる。1786年(天明6)漁場が開設され,ニシン漁でにぎわった。現在も住民の大半はウニ,アワビコンブなどの採取漁業を営む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てうりとう【天売島】

北海道北西部の羽幌町に属し、日本海上にある小島。オロロンチョウ(ウミガラス)・ウミネコの繁殖地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕天売島(てうりとう)


北海道北西部、羽幌(はぼろ)町沖約30kmの日本海に浮かぶ小島。東方約4kmに焼尻(ぎしり)島がある。面積5.5km2。羽幌町に属する。北西岸は高さ約180mの海食崖(かいしょくがい)が発達。ウミガラス(オロロンチョウ)などが飛来する海鳥繁殖地は国の天然記念物。暑寒別(しょかんべつ)天売焼尻国定公園に含まれる。かつてのニシン漁に代わり、ウニ・アワビ漁が盛ん。羽幌港から定期船が運航。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天売島
てうりとう

北海道北西部、留萌(るもい)振興局管内の羽幌町(はぼろちょう)に属す島。面積5.50平方キロメートル。町の西方約30キロメートルの日本海上にあり、約4キロメートルの武蔵水道(むさしすいどう)を隔てて焼尻島(やぎしりとう)と相対する。1786年(天明6)天塩場所(てしおばしょ)設置以後に漁場が開かれ、以来ニシン漁でにぎわった。近年はウニ、アワビ、コンブなどの採取や沖合いの武蔵堆(たい)などへの出漁が行われる。天売焼尻道立自然公園に指定された景勝地で、北西岸は海食による断崖(だんがい)が連なり、海中に屏風(びょうぶ)岩、女郎子(じょろっこ)岩などがある。付近一帯はウトウ、ウミネコなど海鳥の繁殖地(国の天然記念物)。羽幌港、焼尻港とを結ぶ定期船便がある。人口366(2009)。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てうり‐とう ‥タウ【天売島】

北海道北西部、日本海にある島。面積五・五平方キロメートル。焼尻(やぎしり)島と対する。天明六年(一七八六)の天塩(てしお)場所の設置以来、ニシン漁がさかんに行なわれた。北西岸はオロロン鳥(ウミガラス)・ウミネコなど海鳥の繁殖地として知られる。暑寒別天売焼尻国定公園の一部。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天売島の関連情報