コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天津小湊[町] あまつこみなと

2件 の用語解説(天津小湊[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

天津小湊[町]【あまつこみなと】

千葉県南部,安房(あわ)郡の旧町。大部分が丘陵地。外房線に沿う天津・小湊2地区に市街地が発達,ともに漁港をもち,天津地区清澄(きよすみ)山に清澄(せいちょう)寺,小湊地区に誕生寺がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あまつこみなと【天津小湊[町]】

千葉県南部,安房郡の町。1955年天津町と小湊町が合体。人口8172(1995)。太平洋に面し,海岸まで房総丘陵がせまって平地が少ない。日蓮の出生地として知られる小湊は,1276年(建治2)に誕生寺が建立されて,その門前町として発展した。現在は旅館や民宿が多く,南房総の中心的観光地の一つになっている。鯛ノ浦呼ばれる小湊湾には特別天然記念物の〈鯛の浦のタイ生息地〉があり,観光船が運航されている。天津は近世初期に紀州の漁民が開発したと伝える漁師町で,江戸時代東廻海運の避難港であり,1929年の房総東線(現,外房線)の開通までは周辺地域の米,炭などの移出港でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天津小湊[町]の関連キーワード安房神社小湊安房南紀房総きょなん川名りん神田吉右衛門長狭常伴平野仁右衛門

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone