コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平山地 たいへいさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平山地
たいへいさんち

秋田県の中央,出羽山地中部,秋田市北部,五城目町南部,上小阿仁村南部一帯を占める山地。北は米代川,南は雄物川によって区分され,褶曲が著しく,山頂には平坦面を残し,早壮年期の地形を示す。南部には標高 1000m前後の峰が並び,北部は米代川に向かって傾斜し,400m前後の丘陵となる。最高峰は白子森 (1179m) で,太平山 (1170m) ,大仏岳 (1167m) の主峰がある。北部は森林が広く,秋田杉で有名な日本三大美林の一つに数えられている。太平山を中心とする一帯は太平山県立自然公園に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいさんち【太平山地】

秋田県のほぼ中央部にある山地。白子森(しらこもり)山地ともよばれる。新第三系のグリーンタフ,玄武岩安山岩のほか,花コウ岩などからなり,出羽山地に含まれる。北は米代川,南は雄物川によって限られ,西は秋田平野に向かって徐々に低くなる。山地中央部には最高峰の白子森(1179m)をはじめ,太平山(1171m),大仏岳(1167m),馬場目岳(1037m)と,おおむね標高1100m前後の峰が連なり,広大な山地を形成している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕太平山地(たいへいさんち)


秋田県北部にある山地。出羽(でわ)山地中部にあたり、北は米代(よねしろ)川、南は雄物(おもの)川によって限られる。主峰の白子森(しらこもり)(標高1179m)、太平山(同1170m)を中心に700~1000m級の山岳が連なる。小河川の浸食作用により、峡谷や瀑布(ばくふ)が点在。山麓(さんろく)に秋田杉・ブナの美林が広がる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平山地
たいへいさんち

秋田県西部にある褶曲(しゅうきょく)山地。出羽(でわ)山地の中央部を占め、北部は米代(よねしろ)川によって白神(しらかみ)山地と、南部は雄物(おもの)川によって笹森(ささもり)丘陵と境される。主峰の太平山(1170メートル)のほか、馬場目(ばばめ)岳(1037メートル)、笹森(1026メートル)、御衣森(みそもり)(969メートル)、剣(つるぎ)岳(1032メートル)など1000メートル級の山々が連なる。壮年期の隆起山地で、第三紀の緑色凝灰岩が主体で、部分的に玄武岩、安山岩が露出し、変成花崗(かこう)岩に覆われる部分もある。旭(あさひ)川、三内(さんない)川、馬場目川などがこの山地から発するが、これら河川の侵食作用が激しく、各地に滝や峡谷がみられる。岨谷(そや)峡、小又川(こまたがわ)渓谷などの景勝地があり、太平山県立自然公園となっている。また山地一帯はブナや秋田杉の美林が多く、西麓(せいろく)には仁別(にべつ)国民の森や太平山スキー場がある。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

太平山地の関連キーワード太平山(秋田県)河辺(秋田県)五城目[町]昭和[町]井川[町]河辺[町]秋田(市)井川(町)浸食作用鷹巣盆地阿仁川寒風山八郎潟瀑布峡谷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android