コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良屋茂左衛門(2代目) ならやもざえもん[にだいめ]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良屋茂左衛門(2代目)
ならやもざえもん[にだいめ]

[生]元禄8(1695)
[没]享保10(1725)
江戸時代の豪商で代々その名称を用いた深川の材木問屋。通称,奈良茂。本姓神田氏。初名,戌松。号,泰我。1代目の遺産 (40万両といわれる) を受継ぎ,豪華,驕奢を好み,吉原で豪遊したという。元禄時代江戸町人気風を代表した人物といわれている。吉原の名妓玉菊の一周忌に,岩本乾什に依頼して『水調子』という浄瑠璃を作り追弔した話は有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

奈良屋茂左衛門(2代目)の関連キーワード江戸時代享保

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android