奈良屋茂左衛門(2代目)(読み)ならやもざえもん[にだいめ]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良屋茂左衛門(2代目)
ならやもざえもん[にだいめ]

[生]元禄8(1695)
[没]享保10(1725)
江戸時代の豪商で代々その名称を用いた深川の材木問屋。通称,奈良茂。本姓神田氏。初名,戌松。号,泰我。1代目の遺産 (40万両といわれる) を受継ぎ,豪華,驕奢を好み,吉原で豪遊したという。元禄時代江戸町人気風を代表した人物といわれている。吉原の名妓玉菊の一周忌に,岩本乾什に依頼して『水調子』という浄瑠璃を作り追弔した話は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android