コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥島(織物) おくじま

世界大百科事典内の奥島(織物)の言及

【唐桟】より

…唐桟の唐は唐物つまり舶来品をさし,江戸後期に日本で模倣されはじめた和物の桟留縞に対し,特に舶来のものを唐桟留と称するようになった。また唐桟の異名に〈奥島〉があるが,《守貞漫稿》には,将軍が唐桟を袴地とし,大奥でも用いたことからでた名称であると記してある。その特色はきわめて細い綿の平糸を経緯(たてよこ)とも2本引き揃えにして用い,平織にしたもので,地合いが非常に密で平滑であり,光沢がある。…

※「奥島(織物)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android