奥島(読み)おくしま

百科事典マイペディアの解説

奥島【おくしま】

近江国蒲生(がもう)郡(現滋賀県近江八幡市)の地名で,古くは琵琶湖に浮かぶ島であった。延暦(えんりゃく)寺領の奥島荘(島荘とも)が成立しており,鎌倉期には下司(げし)と百姓の間や,隣接する津田中荘と【えり】や網の設定をめぐって対立,また南北朝期には預所御所山の木を伐採させて船で坂本まで運ばせたことなどは非法であるとして抗争が起きている。室町期には荘民のなかに郁子(むべ)供御(くご)人と称される者がおり,禁裏(きんり)や幕府に進献していたが,それは天智天皇以来という伝承がある。また荘内には山門(さんもん)勢力下の湖上関が置かれていた。こうした荘民の姿を伝えるのは荘内に鎮座する大島奥津島神社で,宮座(みやざ)の運営を核に荘民間の紐帯を強めた。すでに1262年の荘隠規文(かくしきぶみ)には共同体の秩序を乱す者は妻女・子息でも荘園の外へ追放され,その住宅を焼かれることなどが記されており,宮座は(そう)結合と村政の執行機関という性格をもっていたといえよう。また近くの長命寺は西国三十三所観音霊場第31番札所であり,長命寺参詣曼陀羅でも知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おくしま【奥島】

近江国蒲生郡(現,滋賀県近江八幡市)の地名。戦国時代以前は琵琶湖に浮かぶ独立した島で,奥島荘を形成。江戸時代の地誌《近江国輿地志略》には〈北庄の西北にあり,地続きあらず,葭沼(よしぬま)ありて間隔たる〉とある。奥島は王浜,白部,円山,奥島,北津田,中庄の村からなり,古代にはムベ,氷魚(ひうお),フナ,マス,阿米魚(あめうお)を朝廷に貢納する御厨(みくりや)であった。室町時代,奥島荘民は薁(郁子)(むべ)供御人と称されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥島の関連情報