コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥島 おくしま

百科事典マイペディアの解説

奥島【おくしま】

近江国蒲生(がもう)郡(現滋賀県近江八幡市)の地名で,古くは琵琶湖に浮かぶ島であった。延暦(えんりゃく)寺領の奥島荘(島荘とも)が成立しており,鎌倉期には下司(げし)と百姓の間や,隣接する津田中荘と【えり】や網の設定をめぐって対立,また南北朝期には預所御所山の木を伐採させて船で坂本まで運ばせたことなどは非法であるとして抗争が起きている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おくしま【奥島】

近江国蒲生郡(現,滋賀県近江八幡市)の地名。戦国時代以前は琵琶湖に浮かぶ独立した島で,奥島荘を形成。江戸時代の地誌《近江国輿地志略》には〈北庄の西北にあり,地続きあらず,葭沼(よしぬま)ありて間隔たる〉とある。奥島は王浜,白部,円山,奥島,北津田,中庄の村からなり,古代にはムベ,氷魚(ひうお),フナ,マス,阿米魚(あめうお)を朝廷に貢納する御厨(みくりや)であった。室町時代,奥島荘民は薁(郁子)(むべ)供御人と称されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奥島の関連キーワード山木検校(2世)山木検校(2代)近江八幡(市)沖縄県島尻郡蝶花楼馬楽日下部壺仙奥島和美地震保険延暦寺蝦夷地建部氏宮座寺領延暦賢和

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥島の関連情報