コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥島 おくしま

2件 の用語解説(奥島の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

奥島【おくしま】

近江国蒲生(がもう)郡(現滋賀県近江八幡市)の地名で,古くは琵琶湖に浮かぶ島であった。延暦(えんりゃく)寺領の奥島荘(島荘とも)が成立しており,鎌倉期には下司(げし)と百姓の間や,隣接する津田中荘と【えり】や網の設定をめぐって対立,また南北朝期には預所が御所山の木を伐採させて船で坂本まで運ばせたことなどは非法であるとして抗争が起きている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おくしま【奥島】

近江国蒲生郡(現,滋賀県近江八幡市)の地名。戦国時代以前は琵琶湖に浮かぶ独立した島で,奥島荘を形成。江戸時代の地誌《近江国輿地志略》には〈北庄の西北にあり,地続きあらず,葭沼(よしぬま)ありて間隔たる〉とある。奥島は王浜,白部,円山,奥島,北津田,中庄の村からなり,古代にはムベ,氷魚(ひうお),フナ,マス,阿米魚(あめうお)を朝廷に貢納する御厨(みくりや)であった。室町時代,奥島荘民は薁(郁子)(むべ)供御人と称されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥島の関連キーワード安土安土城近江八幡市蒲生近江八幡桑実寺老蘇森摠見寺長命寺西村太郎右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥島の関連情報