コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇下人言 うげのひとごと

5件 の用語解説(宇下人言の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇下人言
うげのひとごと

松平定信自叙伝。1巻。定信の生まれた宝暦8 (1758) 年から寛政5 (1793) 年の老中辞職までを叙述。寛政の改革の推進者としての定信の政見や思想を知るのに好都合の史料でもある。叙述意図は「此書付,子孫老中になり候ものは一覧有之べし (中略) 家老たりとも一寸見候事も不相成候事」と定信みずから書いていることから明らかであろう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宇下人言【うげのひとこと】

松平定信の自叙伝。1巻。1793年老中辞職後,幼年から退職までの政治生活を中心に記す。白河藩政,寛政改革にも言及。書名は定信の2字を分けてつけたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うげのひとこと【宇下人言】

寛政改革の中心人物松平定信の自叙伝。1巻。1758年(宝暦8)の誕生から93年(寛政5)の老中辞職に至るまでを記す。内容は,生い立ち,学芸,交友,白河藩政,寛政改革へと及び,当時の政治・社会状況,改革の主体勢力,定信の考えなどを知ることができる貴重な史料である。書名は定信の2字を分解してつくったもの。〈岩波文庫〉所収。【大石 学】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うげのひとごと【宇下人言】

松平定信の自叙伝。一巻。1758年の誕生から93年の老中辞職直前までが記され、寛政の改革についての定信の政見・思想がうかがえる。題名は「定信」の二字を分解したもの。成立年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇下人言
うげのひとごと

江戸後期の政治家松平定信(さだのぶ)の自叙伝。題名は「定信」の2字を、4字に分解したもの。定信が御三卿(ごさんきょう)の田安(たやす)家に生まれた1758年(宝暦8)から、白河(しらかわ)松平家に養子入りして白河藩主となり、さらに老中となって寛政(かんせい)の幕府改革を断行、老中を解任される1793年(寛政5)までを記述した半生記である。生い立ち、交友、白河藩政などを詳記しているが、本書の眼目は、寛政の改革についての記述にある。そのことは、「此書付(このかきつけ)、子孫老中になり候(そうろう)ものは一覧有之(これある)べし」と、定信が自筆していることからも明らかであろう。寛政の改革や定信の思想などを解明するうえに、欠かせぬ重要資料である。[竹内 誠]
『松平定光校訂『宇下人言・修行録』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇下人言の関連キーワード高辻胤長自叙伝白河楽翁本多忠籌松平決定信清繁戸田氏教松平定永松平信道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone