安珍・清姫(読み)あんちん・きよひめ

  • 安珍・清姫 あんちん・きよひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道成寺(どうじょうじ)伝説の登場人物。
愛をちかった熊野詣(もうで)の僧安珍に裏ぎられた紀伊(きい)牟婁(むろ)(和歌山県)の清姫が,蛇身となってそのあとをおい,女人禁制道成寺の中にかくれた安珍を,炎で鐘とともにやきつくす。謡曲の「道成寺」をはじめ,歌舞伎,人形浄瑠璃(じょうるり)などの題材になっている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android