コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉湯 たまゆ

2件 の用語解説(玉湯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉湯
たまゆ

島根県北東部,松江市南西部の旧町域。宍道湖の南岸にある。 1959年町制。 2005年松江市,鹿島町,島根町,美保関町,八雲村,宍道町,八束町の7市町村と合体して松江市となった。町名は旧村名の玉造と湯町の合成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉湯
たまゆ

島根県北東部、八束(やつか)郡にあった旧町名(玉湯町(ちょう))。現在は松江市の南西部を占める地域。玉造(たまつくり)温泉がある。宍道(しんじ)湖南岸に位置する。1905年(明治38)玉造、湯町(ゆまち)の2村が合併して玉湯村となり、1959年(昭和34)町制施行。2005年(平成17)松江市に合併。湖岸沿いをJR山陰本線と国道9号が通じる。また山陰自動車道の松江玉造インターチェンジがある。
 東部の花仙山(200メートル)は古くからの、めのうの産地。山麓(ろく)には弥生(やよい)時代から奈良・平安時代の出雲(いずも)玉作(たまつくり)跡(国史跡)があり、周辺には徳連場(とくれんば)古墳、岩屋寺跡古墳(ともに国史跡)など古墳が多い。また玉造部の祖を祀(まつ)る玉作湯神社があり、一帯は史跡公園として整備され、園内に出雲玉作資料館がつくられている。玉湯川に沿う玉造温泉は山陰を代表する温泉として知られる。玉造温泉を中心とした観光関連産業に従事する人が多く、また松江市街地に近いため、近年では住宅地化が進んでいる。布志名(ふじな)焼を特産する。[飯田 光]
『『玉湯町史』2巻(1961、1982・玉湯町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉湯の関連キーワード宍道〈町〉島根県松江市宍道町伊志見島根県松江市宍道町上来待島根県松江市宍道町佐々布島根県松江市宍道町昭和島根県松江市宍道町宍道島根県松江市宍道町西来待島根県松江市宍道町白石島根県松江市宍道町東来待島根県松江市殿町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉湯の関連情報