コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密陀絵 みつだえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

密陀絵
みつだえ

油絵の一種。荏胡麻 (えごま) の油に少量の密陀僧 (一酸化鉛) を混ぜて加熱した密陀油顔料を溶き,各種の絵や文様を描いたもの。被覆力が強く,漆では発色不可能な白色などをつくることができるのが特色。中国では唐代からこの技法が行われ,日本では古くは正倉院宝物中に木製密陀絵盆や箱の類がみられる。中世にはこの技法は絶えていたが,安土桃山時代頃から復活,漆工芸と併用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みつだ‐え〔‐ヱ〕【密×陀絵】

奈良時代に中国から伝来し、平安初期まで盛行した絵画の技法。また、その絵。
密陀の油で顔料を練って描いた一種の油絵。玉虫厨子(たまむしのずし)の絵などにみられる。油画(ゆが)。
膠(にかわ)に顔料をまぜて描いた上に密陀の油を塗って光沢を出した絵。正倉院御物などにみられる。油色(ゆうしょく)。
[補説]密陀絵の語が用いられたのは近世になってからで、当時は漆器の装飾についていったが、明治以降は古代の遺品に適用されるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

密陀絵【みつだえ】

東洋で行われた油絵の一種。油に密陀僧(一酸化鉛)を加えて煮沸した密陀油に顔料を混ぜて描いたもの。中国では唐代から行われたが,日本には室町時代に伝えられ桃山〜江戸時代に多く作られた。
→関連項目密陀僧

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつだえ【密陀絵】

エゴマから採取する荏油(えのあぶら),桐油(きりあぶら)などに乾燥剤として密陀僧(酸化鉛(II)PbO)をまぜて煮つめ,それに顔料を混和して描く一種の油絵。文献では,万治3年(1660)の《武陵雑筆》に〈密陀僧塗〉,宝暦3年(1753)の《東照宮御結構書》に〈唐油蒔絵〉とあるが,それ以前の呼称は定かでない。〈密陀絵〉の呼称は明治時代以後であろう。中国で古くから行われ,馬王堆漢墓出土の朱地及黒地彩絵棺は明らかにこの技法を示し,彩絵からは油分が滴っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みつだえ【密陀絵】

密陀の油に顔料を混ぜて描いた油絵の一種。七世紀に中国から伝来。法隆寺の玉虫厨子や橘夫人厨子などの絵に見られる油画ゆが
にかわに顔料を混ぜて描いた表面に、密陀の油をかけて光沢を出した絵。正倉院の御物などに見られる。油色ゆうしよく。 〔この語は近世には密陀僧を用いた油で彩色した漆器をさして用いられたが、明治以降は密陀の油を用いて描いた上代の絵を称するようになった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

密陀絵
みつだえ

日本の古代絵画などに用いられた技法。密陀僧(酸化鉛)を加えて乾燥性を高めた油で顔料(がんりょう)を練って描いた絵(油画(ゆが))。さらに、普通の絵の表面にこのような油をかけて光沢を出した絵(膠画(にかわえ))もさす。これらの技法は早く中国からわが国に伝わり、ともに奈良時代から平安初期まで用いられた。また後者の技法は鎌倉・室町時代にもみられる。近世に入り明(みん)代の新技法が輸入されると、漆では発色できない白などの鮮明な色調が珍重され、漆器の装飾に多用された。遺品には「玉虫厨子(たまむしずし)」(法隆寺)や、正倉院の琵琶(びわ)・阮咸(げんかん)の捍撥(かんばち)画などがある。なお、密陀絵の語が用いられたのは近世以降である。[加藤悦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の密陀絵の言及

【正倉院】より

…おもな遺品には金銀山水八卦背八角鏡,銀壺,銀薫炉,金銀花盤などがある。(2)漆工 漆に掃墨を入れた黒漆塗,蘇芳(すおう)で赤く染めた上に生漆を塗った赤漆(せきしつ),布裂を漆で塗りかためて成形した乾漆,皮を箱型に成形して漆でかためた漆皮(しつぴ),漆の上に金粉を蒔(ま)いて文様を表した末金鏤(まつきんる),金銀の薄板を文様に截(き)って胎の表面にはり,漆を塗ったあと文様を研いだり削ったりして出す平脱(へいだつ)(平文(ひようもん)),顔料で線描絵を施した密陀絵(みつだえ)などの技法が用いられた。遺品には漆胡瓶(しつこへい),金銀平脱皮箱,金銀平文琴,赤漆櫃,密陀絵盆などがある。…

【塗料】より

装飾古墳の横穴式石室の壁面に使用されている絵具の種類は赤,黒,青,黄,緑,白などの原色に限られており,中間色はみられない。 法隆寺金堂に安置された《玉虫厨子》の絵は密陀絵(みつだえ)と呼ばれ,これが漆絵であるか油性塗であるかは論争の対象となってきた。上塗が密陀油(密陀僧(一般化鉛)を加えて加熱した乾性油)であるとすれば,油性塗の世界最古の例である。…

※「密陀絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

密陀絵の関連キーワード治五右衛門(12代目)治五右衛門(3代)谷田忠兵衛日本美術玉虫厨子たまむし孔雀文城端塗唐櫃油色

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

密陀絵の関連情報