富岡八幡宮(読み)とみおかはちまんぐう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富岡八幡宮
とみおかはちまんぐう

東京都江東区富岡に鎮座する元府社。深川八幡ともいう。応神天皇を主神とし,アマテラスオオミカミなど7神を祀る。8月 15日の例祭は,江戸時代から江戸三大祭りの一つとして名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

富岡八幡宮【とみおかはちまんぐう】

東京都江東区富岡に鎮座。旧府社。応神天皇ほか6柱の神をまつる。8世紀の創祀と伝え,1627年現地へ移建された。例祭は8月15日,深川の八幡祭として有名。
→関連項目江東[区]深川

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富岡八幡宮
とみおかはちまんぐう

東京都江東(こうとう)区富岡に鎮座し、旧府社で深川八幡宮とも称す。祭神は誉田別命(ほむだわけのみこと)に天照大神(あまてらすおおみかみ)ほか三柱を配祀(はいし)する。天平宝字(てんぴょうほうじ)年間(757~765)の創建と伝えるが、『江戸名所図会(ずえ)』には源三位頼政(げんざんみよりまさ)が尊崇した神像を千葉・足利(あしかが)両氏が伝え、のち太田道灌(どうかん)の守護神になるという。1627年(寛永4)に永代(えいたい)島に再建、江戸下町(したまち)の繁盛につれてとくに深川木場(きば)の尊崇を集める。8月15日が例祭で、前後3日間の盛大な神輿(みこし)渡御が「深川祭」として有名。神田祭、山王祭とともに江戸三大祭りの一つ。[薗田 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富岡八幡宮の言及

【鎮守】より

…城内鎮守として有名なのは,1590年(天正18)に徳川家康が江戸城内の旧祠山王権現を鎮守として紅葉山にまつり,後に赤坂山王(現,日枝神社)を建立した例がある。また《江戸砂子》には,富岡八幡宮に〈当社四隅鎮守〉として丑寅(東北)の鬼門に蛭子神など境内の四方に鎮守神をまつったことを記している。なお平安時代から地方の荘園に領主の鎮守神を盛んに分祀したこともあってしだいに村落部にも鎮守信仰が普及し,近世には氏神産土(うぶすな)神をも鎮守と称するようになった。…

※「富岡八幡宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富岡八幡宮の関連情報