コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本豊前掾(初代)(読み)とみもと ぶぜんのじょう

朝日日本歴史人物事典の解説

富本豊前掾(初代)

没年:明和1.10.22(1764.11.15)
生年:享保1(1716)
江戸中期の富本節の創始者。本名福田弾司。宮古路豊後掾 の門弟で,初名宮古路品太夫,のちに宮古路小文字太夫と名乗った。延享4(1747)年,宮古路文字太夫が常磐津節を創始したとき,常磐津小文字太夫と改姓してワキを勤めたが,翌寛延1(1748)年独立して富本豊志太夫となり,富本節を興した。翌年受領して,富本豊前掾藤原敬親となる。「豊前太夫」の名を使ったことはなかったが,息子が2代目豊前太夫と名乗ったため,豊前掾を初代豊前太夫とすることが多い。宝暦2(1752)年春,中村座に出勤して以来,江戸三座に出演し,10年再び受領して筑前掾となった。<参考文献>岩沙慎一『江戸豊後浄瑠璃史』

(根岸正海)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android