富津(市)(読み)ふっつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富津(市)
ふっつ

千葉県南西部にある市。1971年(昭和46)富津、大佐和(おおさわ)、天羽(あまは)の3町が合併し、市制施行。JR内房(うちぼう)線、国道16号、127号が通じ、館山自動車道と富津館山道路が富津竹岡インターチェンジで連絡している。地名は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征のおり入水(じゅすい)した弟橘媛(おとたちばなひめ)の衣が流れて布流津(ふるつ)とよばれたことに由来するとか、豊漁の港があるからだともいわれる。東京湾に面し、内陸は房総(ぼうそう)丘陵上に広がり、北部は富津洲(す)が細長く突き出て平地を形成するが、南部は岩石海岸と丘陵で構成される。古代、須恵国造(すえのくにのみやつこ)の支配下にあり、一族の墳墓とみられる国指定史跡弁天山古墳をはじめ、県指定史跡の内裏塚古墳(だいりづかこふん)など多くの古墳群が分布する。中世、佐貫城(さぬきじょう)を築いた武田氏や里見氏に領有され、江戸時代は佐貫城に内藤氏3万石が入封し、そのほかは幕府直轄地や旗本領などとなった。1811年(文化8)幕府は富津岬に砲台を設け、外敵に備え、明治時代以後も岬の先端に第1~第2海堡(かいほう)が築かれ、一帯は長く軍の要塞(ようさい)地帯であった。第二次世界大戦後は一般に開放され、南房総国定公園の拠点として富津公園が整備され、周辺にジャンボプール、展望台などの施設がある。京葉工業地域の最南端になる青堀をはじめ、富津、新井(あらい)など富津岬北岸以北は埋立てによって漁業権を放棄したが、南岸は埋立て対象外だったのでノリの新養殖場をつくり、沿岸漁業やクルマエビの養殖も行われている。湊(みなと)川流域では米作、富津洲ではカボチャ、サツマイモなどの畑作、山間部では酪農が行われ、近年はキャラなどの植木も生産される。富津、大貫(おおぬき)、上総湊(かずさみなと)などの海水浴場があり、高さ56メートルの東京湾観音(かんのん)、鋸山(のこぎりやま)ロープウェー、鹿野山マザー牧場(かのうざんまざーぼくじょう)、高宕山(たかごやま)自然動物園など観光地に恵まれている。ほかに国の天然記念物に指定されている竹岡のヒカリモ発生地、高宕山のサル生息地がある。面積205.53平方キロメートル、人口4万5601(2015)。[山村順次]
『『富津市史』全4巻(1979~1983・富津市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富津(市)の関連情報