コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺井[町] てらい

2件 の用語解説(寺井[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

寺井[町]【てらい】

石川県南部,能美(のみ)郡の旧町。手取(てどり)川下流の左岸を占め,北陸本線が通じる。九谷焼の主産地として知られ,毎年5月3〜5の日に九谷茶碗祭が行われる。織物,精密機械工業,鉄工業などの工場が立地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てらい【寺井[町]】

石川県南西部,能美郡の町。人口1万4358(1995)。金沢平野の中央部,小松市の北にあり,北部を手取川が流れ,中央部に和田山,寺井山などの小丘陵地帯がある。南北に国道8号線が縦断し,北陸鉄道能美線が東西に走る。町域中央部に能美古墳群があり,近世末以降は九谷焼の町として発展した。明治期には〈庄三(しようざ)風〉といわれた名工九谷庄三(1816‐83)の窯を中心に輸出向けの量産が始められ,〈寺井の九谷焼〉として全国に知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寺井[町]の関連キーワード江田島大川加賀能美えびの君津羽島秦野袋井南足柄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone