コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小俣[町] おばた

百科事典マイペディアの解説

小俣[町]【おばた】

三重県中東部,伊勢平野にある度会(わたらい)郡の旧町。主集落はかつて参宮街道宮川渡し場として栄え,参宮線が通じる。大小の繊維工場があり,米,野菜,メロンなども産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おばた【小俣[町]】

三重県中東部,度会(わたらい)郡の町。人口1万8300(1995)。伊勢市に接する。西部に小丘陵があるほかは,大部分が伊勢平野の南東部に当たる沖積低地である。東端を宮川が北流し,土地は全体的に肥沃である。古くからの伊勢神宮領で,南北朝期に斎王の制が廃止されるまで離宮院が置かれた。離宮院(跡は史跡)は斎王の離宮,大神宮司政庁であり,駅家(《延喜式》の度会駅)でもあった。江戸時代は宮川の下の渡場,参宮街道の宿場として栄えたが,鉄道開通後,一時衰退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小俣[町]の関連情報