コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小俣[町] おばた

2件 の用語解説(小俣[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小俣[町]【おばた】

三重県中東部,伊勢平野にある度会(わたらい)郡の旧町。主集落はかつて参宮街道宮川渡し場として栄え,参宮線が通じる。大小の繊維工場があり,米,野菜,メロンなども産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おばた【小俣[町]】

三重県中東部,度会(わたらい)郡の町。人口1万8300(1995)。伊勢市に接する。西部に小丘陵があるほかは,大部分が伊勢平野の南東部に当たる沖積低地である。東端を宮川が北流し,土地は全体的に肥沃である。古くからの伊勢神宮領で,南北朝期に斎王の制が廃止されるまで離宮院が置かれた。離宮院(跡は史跡)は斎王の離宮,大神宮司の政庁であり,駅家(《延喜式》の度会駅)でもあった。江戸時代は宮川の下の渡場,参宮街道の宿場として栄えたが,鉄道開通後,一時衰退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小俣[町]の関連キーワード度会神道度会度会宮度会清在度会貞永度会季茂度会常民度会久守度会正身度会行家

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone