コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小夜ノ中山 さよノなかやま

3件 の用語解説(小夜ノ中山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小夜ノ中山
さよノなかやま

静岡県南西部,掛川市と島田市の境にある旧東海道筋の中山峠を含む山地。「佐夜 (さや) ノ中山」ともいう。峠の標高は約 240m。平安時代以降旧東海道の難所として知られ,『新古今和歌集』にある西行法師の歌で有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さよのなかやま【小夜ノ中山】

歌枕。静岡県掛川市日坂(につさか)と榛原(はいばら)郡金谷町の間にあり,東海道の難所として知られた。古くは〈さやの中山〉とよばれ,《古今和歌集》巻二に載る紀友則の歌〈あづまぢのさやの中山なかなかになにしか人を思ひそめけむ〉が初出。西行の〈年たけて又こゆべしと思ひきや命なりけりさ夜(よ)の中山〉(《新古今和歌集》巻十)は名歌として,後世,ここを通った文人らの紀行にはしばしば引用された。〈さや〉を〈さよ〉と呼ぶことはこのころから始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小夜ノ中山
さよのなかやま

静岡県掛川(かけがわ)市東部にある山地で、旧東海道の越える難所の一つ。佐夜とも書く。夜泣石(よなきいし)伝説で知られる。掛川市日坂(にっさか)と島田市菊川との間の約3キロメートルほどの尾根に沿う区間で、日坂宿と金谷宿との間にあり、古代の交通路では横尾駅(掛川市)と初倉駅(島田市)との間にあたる。小夜は狭谷(さや)の転訛(てんか)とも考えられる。『古今和歌集』など多くの歌に詠まれ、とくに西行(さいぎょう)法師の「年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり佐夜の中山」で有名になった。現在の東海道は北側の谷を通る。子育(こそだて)観音がある久延(きゅうえん)寺や、子育飴(あめ)を売る茶屋などがある。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小夜ノ中山の関連キーワード静岡県掛川市大坂静岡県掛川市各和静岡県掛川市掛川静岡県掛川市逆川静岡県掛川市坂里静岡県掛川市肴町静岡県掛川市満水静岡県掛川市中静岡県掛川市日坂静岡県掛川市八坂

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone