コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小夜ノ中山 さよノなかやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小夜ノ中山
さよノなかやま

静岡県南西部,掛川市島田市の境にある旧東海道筋の中山峠を含む山地。「佐夜 (さや) ノ中山」ともいう。峠の標高は約 240m。平安時代以降旧東海道の難所として知られ,『新古今和歌集』にある西行法師の歌で有名。夜泣石の伝説があり,峠の集落に子育観音がある。茶園が広がり,峠からの富士山,南アルプス連山の眺望はすばらしい。国道1号線は北側をトンネルで通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さよのなかやま【小夜ノ中山】

歌枕。静岡県掛川市日坂(につさか)と榛原(はいばら)郡金谷町の間にあり,東海道の難所として知られた。古くは〈さやの中山〉とよばれ,《古今和歌集》巻二に載る紀友則の歌〈あづまぢのさやの中山なかなかになにしか人を思ひそめけむ〉が初出。西行の〈年たけて又こゆべしと思ひきや命なりけりさ夜(よ)の中山〉(《新古今和歌集》巻十)は名歌として,後世,ここを通った文人らの紀行にはしばしば引用された。〈さや〉を〈さよ〉と呼ぶことはこのころから始まる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小夜ノ中山
さよのなかやま

静岡県掛川(かけがわ)市東部にある山地で、旧東海道の越える難所の一つ。佐夜とも書く。夜泣石(よなきいし)伝説で知られる。掛川市日坂(にっさか)と島田市菊川との間の約3キロメートルほどの尾根に沿う区間で、日坂宿と金谷宿との間にあり、古代の交通路では横尾駅(掛川市)と初倉駅(島田市)との間にあたる。小夜は狭谷(さや)の転訛(てんか)とも考えられる。『古今和歌集』など多くの歌に詠まれ、とくに西行(さいぎょう)法師の「年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり佐夜の中山」で有名になった。現在の東海道は北側の谷を通る。子育(こそだて)観音がある久延(きゅうえん)寺や、子育飴(あめ)を売る茶屋などがある。[北川光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小夜ノ中山の関連キーワード菊川(静岡県の川)掛川(市)佐夜ノ中山かまいたち伏見忠七夜泣き石日坂菊川歌枕

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android