コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小平[市](読み)こだいら

百科事典マイペディアの解説

小平[市]【こだいら】

東京都中部の市。1962年市制。武蔵野台地の中央にあり,江戸時代の新田集落から発達。昭和初期津田英学塾(現・津田塾大学),東京商大予科(現・一橋大分校),武蔵野美術大学などが移転して以来住宅地化した。近年,集団住宅やタイヤ,電気機器などの工場が誘致され,近郊都市として急激に発展。武蔵野線,西武鉄道の新宿・多摩湖・国分寺・拝島各線が通じる。北部に小平霊園がある。20.51km2。18万7035人(2010)。
→関連項目津田塾大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こだいら【小平[市]】

東京都中部の市。1962年市制。人口17万2946(1995)。都心から西へ25km,多摩地区北東部にある。小平の開発は,武蔵野の新田開発の一環として小川九郎兵衛によって明暦年間(1655‐58)に始められた。青梅・五日市両街道に沿う集落は美しいケヤキ並木,防風林をめぐらした農家,道路に直角の短冊状の地割り,道路に沿った用水路など,武蔵野の新田集落の形態を代表する。明治初期までは大麦,小麦,アワなどの穀類を主とする畑作農業地帯であったが,その後養蚕が導入された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android