コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小樽[市] おたる

百科事典マイペディアの解説

小樽[市]【おたる】

北海道中央部の市。1922年市制。石狩湾に面し函館本線が通じ,1992年には札樽自動車道が開通した。石狩炭田の石炭積出港として発達,海産物や雑穀の輸出および樺太(サハリン)や大陸との交易で栄えた。
→関連項目小樽商科大学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おたる【小樽[市]】

北海道西部,石狩湾に面する市。1922年市制。人口15万7022(1995)。重要な港湾をもち,函館本線が通じている。1880年小樽湾西部の手宮と札幌との間に北海道最初の鉄道(のちの手宮線,1962年旅客営業廃止)が通じて札幌の外港として位置づけられ,83年幌内までの鉄道延長により,石炭,木材,農産物の移出港となり,同時に港湾を背景とする商業活動の中心地となった。長大な防波堤や埠頭,運河の建設が進められて,港湾機能は漸次その中心を東に移しながら整備され,第2次世界大戦前は本州,樺太,大陸との間の船舶の往来がはげしく,商業活動は活発で,函館とともに道内商圏を南北に二分していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

小樽[市]の関連キーワード島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ宮嶋資夫ローマ進軍コスグレーブシスラー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android