コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小樽[市] おたる

百科事典マイペディアの解説

小樽[市]【おたる】

北海道中央部の市。1922年市制。石狩湾に面し函館本線が通じ,1992年には札樽自動車道が開通した。石狩炭田の石炭積出港として発達,海産物や雑穀の輸出および樺太(サハリン)や大陸との交易で栄えた。大規模な製缶(せいかん)工場のほか,ゴム・車両・製油・製紙工場がある,海産物としてはタラ,ホッケ,カレイ,サバなどの漁獲が多い。第2次大戦後,経済情勢などが変わり,道の中心地札幌市に移った。市街地は海岸通りから山の斜面に広がり,坂道が多い。東部の銭函(ぜにばこ)はかつてニシン漁で栄えた地,西部の蘭島(らんしま)海水浴場,忍路(おしょろ)海岸はニセコ積丹(しゃこたん)小樽海岸国定公園に属する。手宮洞窟(史跡)のほか小樽港マリーナ,小樽運河周辺の石造倉庫群などの観光地がある。243.83km2。13万1928人(2010)。
→関連項目小樽商科大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おたる【小樽[市]】

北海道西部,石狩湾に面する市。1922年市制。人口15万7022(1995)。重要な港湾をもち,函館本線が通じている。1880年小樽湾西部の手宮と札幌との間に北海道最初の鉄道(のちの手宮線,1962年旅客営業廃止)が通じて札幌の外港として位置づけられ,83年幌内までの鉄道延長により,石炭,木材,農産物の移出港となり,同時に港湾を背景とする商業活動の中心地となった。長大な防波堤や埠頭,運河の建設が進められて,港湾機能は漸次その中心を東に移しながら整備され,第2次世界大戦前は本州,樺太,大陸との間の船舶の往来がはげしく,商業活動は活発で,函館とともに道内商圏を南北に二分していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小樽[市]の関連キーワード島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ宮嶋資夫ローマ進軍コスグレーブシスラー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android