コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋島城 やしまじょう

3件 の用語解説(屋島城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屋島城
やしまじょう

香川県高松市東北部の屋島に築いた城。7世紀白村江の戦いののち,天智天皇は唐,新羅の侵攻にそなえ,天智6 (667) 年讃岐の屋島に城を築いた。のち 12世紀源平合戦 (→治承の内乱 ) のとき京都から西走した平氏は,元暦1 (1184) 年2月摂津の一ノ谷の戦いに敗れて屋島城に拠った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

屋島城【やしまじょう】

香川県高松市屋島の北嶺にある古代朝鮮式山城(さんじょう)。国指定史跡。《日本書紀》の667年の記事に讃岐国山田郡の屋島城などを築くとあり,663年の白村江(はくそんこう)の戦で敗れたのち国内防備のために築造された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やしまじょう【屋島城】

讃吉(岐)国山田郡に築かれたいわゆる朝鮮式山城の一つ。《日本書紀》天智6年(667)11月条にみえ,大和の高安(たかやす)城,対馬の金田(かなだ)城とともに,朝鮮半島における白村江の敗戦後の国内防備のために築城された。現状は明確ではないが,現在の高松市屋島の北嶺と南嶺の谷部西側に残る塁状遺構が屋島城にかかわる遺跡といわれている。塁状遺構は1980年の測量調査によれば,標高100~110mの斜面に塊石,板石を谷部をふさぐように積んだもので約90mが残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

屋島城の関連キーワード金田城朝鮮式山城所謂出丸Коломнаユルギュップいわゆるひとつのチョーさん主義北海道虻田郡ニセコ町峠北海道虻田郡ニセコ町ニセコ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone