山川 登美子(読み)ヤマカワ トミコ

20世紀日本人名事典「山川 登美子」の解説

山川 登美子
ヤマカワ トミコ

明治期の歌人



生年
明治12(1879)年7月19日

没年
明治42(1909)年4月15日

出生地
福井県小浜町外雲浜村

本名
山川 とみ

別名
別号=白百合

学歴〔年〕
梅花女学校〔明治30年〕

経歴
「新声」「文庫」などに投稿し、明治33年東京新詩社に参加。「明星誌上に多くの歌を発表する。34年結婚するが、夫との死別後、日本女子大英文科に進み、また「明星」に復帰する。38年与謝野晶子、増田雅子との共同歌集「恋衣」を刊行。その後胸を病んで療養生活に入った。「山川登美子全集」(全2巻)がある。平成6年梅花女子大学・同短期大学によって女子高生を対象に山川登美子短歌賞が創設された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「山川 登美子」の解説

山川 登美子 (やまかわ とみこ)

生年月日:1879年7月19日
明治時代の歌人
1909年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android