(読み)ガク

デジタル大辞泉「岳」の解説

がく【岳〔嶽〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ガク)() [たけ
〈ガク〉
ごつごつと高く険しい山。「岳麓がくろく山岳富岳
妻の父を尊敬していう語。「岳翁岳父
たけ〉高い山。「御岳みたけ
[名のり]おか・たか・たかし

たけ【岳/×嶽】

《「だけ」とも》
高くて大きい山。高山
山のいただき。頂上。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【山の神】より

…山は人間に対して,正と負との両面の働きかけをすることにより,恩頼と畏怖の観念を同時に併存させた神秘的な存在であった。 山の領域空間は,人里の周囲の里山,そこから深く入った奥山,さらに険しい岳(たけ)とに分類することができる。里山では焼畑や常畑耕作を行い,草刈りや薪炭の製産を行って,日常的に身近な空間であるが,奥山は深い森林の中で猟師,木地屋(きじや),たたら師などの漂泊的な生産者の活動の場であった。…

※「岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android