コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巣南 すなみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巣南
すなみ

岐阜県南西部の地域。旧町名。 1954年船木,鷺田,川崎の3村が合体,1964年町制。 2003年穂積町と合併して瑞穂市となった。揖斐川根尾川分流に囲まれた輪中地域で,米作地。富有柿,ナシの栽培も行なわれる。住宅地化が進んでいる。樽見鉄道が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巣南 そうなん

?-? 戦国時代の画家。
水墨画をえがく。画風相阿弥(そうあみ)風で,雪舟等楊(とうよう)の筆法をかねる。巣雪僊可(そうせつ-せんか)と同一人で,「巣南」は巣雪の印文誤読ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巣南
すなみ

岐阜県南西部、本巣(もとす)郡にあった旧町名(巣南町(ちょう))。現在は、瑞穂(みずほ)市の西部を占める一地区。1964年(昭和39)町制施行。2003年(平成15)穂積町と合併、市制施行して瑞穂市となる。旧巣南町地域は、樽見(たるみ)鉄道が通じ、根尾(ねお)川扇状地の末端から自然堤防地帯にあたる。地域の中心地区の美江寺(みえじ)はかつて中山道(なかせんどう)の宿場町で、十七条、十八条などの地名は古くから開発されたことを物語るが、条里制遺構の地割は、基盤整備事業のため失われた。富有ガキ、バラの苗木、サボテン、野菜などの生産が行われる。[上島正徳]
『『巣南町史』(1978・巣南町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

巣南の関連キーワードファン・ボイ・チャウファン・ボイチャウ岐阜県瑞穂市真正[町]瑞穂(市)瑞穂[市]濃尾平野名和 靖戦国時代潘 佩珠水墨画中山道陳去病瑞穂

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巣南の関連情報