左義長・三毬杖(読み)さぎちょう

大辞林 第三版の解説

さぎちょう【左義長・三毬杖】

〔毬杖ぎつちようを三つ立てたところから〕
小正月に行われる火祭り。宮中では正月15・18日に清涼殿南庭で、青竹を立て扇・短冊などを結びつけて焼いた。民間では竹を立てて門松・注連縄しめなわ・書き初めなどを焼き、その火で餅を焼いて食べて無病息災を祈る。どんど。どんど焼き。さいと焼き。さんくろう焼き。ほちょじ。ほっけんぎょう。 [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐ぎちょう ‥ギチャウ【左義長・三毬杖】

〘名〙 (もと毬杖(ぎっちょう)を三本立てた三毬杖から起こるという)
① 正月に行なわれる火祭の行事。宮中では正月一五日および一八日に、清涼殿の南庭で、青竹を立て、扇などを結びつけたものに、吉書を添えて焼いた。民間では、多くは一五日に長い竹数本を立てて、正月の門松・しめなわ・書初などを持ち寄って焼く。その火で餠などを焼いて食べると、その年は病気にかからないとされている。どんど焼き。さぎっちょう。《季・新年》
※真言院御修法記‐永治二年(1142)「件香水入白瓷瓶天門冬苔葛等之、置三岐杖上
② 木や竹を三叉に組んだもの。
※台記‐保延二年(1136)一一月二日「一人史持三木張、昇陣座上
[語誌](1)「三毬打」「三毬杖」は火祭の行事を行なうときの本来の用法に基づく表記である。
(2)近世以降は「左義長」と書かれるのが一般的である。これは、仏教の書を左に、道教の書を右に置き、焼いて優劣を試みたところ、仏教の書が残り、左の義長ぜり(優れている)という「訳経図記」にある故事からという俗説〔徒然草寿命院抄〕がよく知られている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android