コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰服/帰伏 キフク

デジタル大辞泉の解説

き‐ふく【帰服/帰伏】

[名](スル)心を寄せてつき従うこと。支配下に入ること。服従。帰順。
「あっぱれ上人やとて、―し奉る僧俗も」〈菊池寛・頸縊り上人〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

帰服/帰伏の関連キーワード桃李もの言わざれども下自ら蹊を成すトゥトゥカ(土土哈)アラリック[1世]スニト(蘇尼特)太祖[高麗]前九年の役燕然都護府足利義詮堀内氏善河野通尭畠山重忠貞観の治山名時氏蒲鮮万奴伊達政宗藤原保則赤松政秀葛西清重大野東人湯浅宗重

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android