一敗地に塗れる(読み)イッパイチニマミレル

  • いっぱい
  • 一敗
  • 一敗(いっぱい)地(ち)に塗(まみ)・れる
  • 地(ち)に塗(まみ)れる

大辞林 第三版の解説

史記 高祖本紀
再起できないほど、さんざんに負ける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

再び立ち上がれないほどに、徹底的に打ち負かされる。
※柳橋新誌(1874)〈成島柳北〉初「一敗地に塗みれ(〈注〉イチドニハタキ)、〈略〉、財竭きて名壊るる者を哀み」 〔史記‐高祖本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

再び立ち上がれないほどに、徹底的に打ち負かされること。

[使用例] この前は、鎌倉勢の命運をかけているという悲壮と気負いがあったが、今度は既に一敗地にまみれている平家に更に追討ちをかけるという気分的な余裕がある[永井路子炎環|1964]

[由来] 「史記―高祖紀」に出て来るセリフから。紀元前三世紀の終わりごろ、中国各地でしん王朝の圧政に対する反乱が起こりました。はいという土地に住んでいた人々も反乱を起こし、首領としてりゅうほうという人物をかつぎ出そうとします。ところが、彼は、能力のない自分が首領になると「一敗、地に塗れる(すぐに打ち負かされて、泥まみれになる)」ことになる、と言って引き受けようとしません。しかし、度重なる要請を受けたため、しかたなく反乱軍の首領となった劉邦は、後に天下を統一して、漢王朝を開くことになるのでした。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android