コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏する フクスル

デジタル大辞泉の解説

ふく・する【伏する】

[動サ変][文]ふく・す[サ変]
かがむ。平伏する。身をかがめる。また、平伏させる。「墓前に―・する」「臣下を―・する」
従う。屈伏する。また、従わせる。「権力に―・する」
「寇をここに―・す」〈海道記
隠れる。潜む。また、隠す。潜ませる。「先陣を岩陰に―・す」
「気格高尚なるが故に貪吝刻薄の状を―・す」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくする【伏する】

( 動サ変 ) [文] サ変 ふく・す
かがむ。平伏する。 「神前に-・する」 「 - ・してお願い申しあげます」
負けて、従う。降伏する。また、降伏させる。 「敵軍に-・する」 「威に-・する」 「せめば必ず-・せんと思ふがゆゑに/平治 中・古活字本
かくれる。ひそむ。潜伏する。また、身をひそませる。 「山かげに-・した一隊」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伏するの関連キーワード倒伏細菌病(トウモロコシ)ソ連侵攻とシベリア抑留根朽病(トウモロコシ)千葉県長生郡長生村カサブランカ宣言K. スカルニ金剛蔵王菩薩へいつくばる美濃三河高原ラバイェハ県日本降伏文書陣門に降るトラスカラ義海(1)フロリダ県真木彦之進無条件降伏文治政治スーサ県へたばる

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android