帳台・帳代・丁台(読み)ちょうだい

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐だい チャウ‥【帳台・帳代・丁台】

〘名〙
① 寝殿造の宮殿内に敷設する調度の一つ。浜床(はまゆか)の上に畳を敷き、四隅に柱を立て、帳を垂れ、中央を巻き上げて出入り口とする。貴族の寝所とした。御帳台(みちょうだい)。帳。斗帳。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「かかる人は、丁たいのとのゐなどしてこそ」
② 寝殿の母屋(もや)に設けた貴族休寝用の台。天皇用の特に高くしたものは高御座(たかみくら)という。浜床。
※殿暦‐嘉承三年(1108)七月二五日「件御帳不帳台〈天〉平敷立之」
③ 塗籠(ぬりごめ)・納戸(なんど)の類をいう。
※平治(1220頃か)中「塗籠の口までせめ入けれども、美濃・尾張のならひ、用心きびしき故に、帳台のかまへしたたかにこしらへたれば、力なく長田父子を討ちえずして」
※枕(10C終)九二「ちゃうたいの夜、行事の蔵人のいときびしうもてなして」
⑤ 主人の居間・寝間にあてる室。〔文明本節用集(室町中)〕
※御伽草子・ささやき竹(室町末)下「すでに寺へ込み入てちゃうだい、眠蔵(めんざう)を捜しければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android