コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平国香 たいらのくにか

8件 の用語解説(平国香の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平国香
たいらのくにか

[生]?
[没]承平5(935).2. 常陸
平安時代中期の武将。高望王の子。常陸大掾から鎮守府将軍となった。平良将の遺領をめぐって良将の子で甥にあたる将門と争い殺された。これが承平・天慶の乱の発端となり,子の貞盛が一族とともに将門を討った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいら‐の‐くにか〔たひら‐〕【平国香】

[?~935]平安中期の武将。高望(たかもち)の子。初名、良望。常陸大掾(ひたちだいじょう)として関東に威を振るったが、甥(おい)の将門(まさかど)に殺された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平国香【たいらのくにか】

平安中期の武将。桓武天皇の玄孫(げんそん)。高望(たかもち)王の子。初め良望(よしもち)という。常陸大掾(ひたちだいじょう)ののち鎮守府(ちんじゅふ)将軍となったが,甥(おい)の平将門(まさかど)に殺された。
→関連項目平貞盛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平国香 たいらの-くにか

?-935 平安時代中期の武人。
平高望(たかもち)の子。父にしたがい関東に土着,常陸大掾(ひたちのだいじょう),鎮守府将軍となる。一族間の内紛にまきこまれ,甥(おい)の平将門(まさかど)に常陸(茨城県)真壁郡の石田館をせめられ,承平(じょうへい)5年2月焼死。平将門の乱のきっかけとなった。初名は良望。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平国香

没年:承平5(935)
生年:生年不詳
平安中期の東国の武将。名は良望。桓武天皇の曾孫高望の子。将門の伯父。父について東国に下り土着したと考えられる。常陸国石田荘(茨城県明野町)に居を構え筑波山を見て育った。常陸大掾を務める。承平5(935)年,弟良兼(将門の妻の父)が女性をめぐる争いから将門と対立した際,これを助けるため援軍を出したが,かえって将門に石田の館を襲撃され戦死した。京にあった子貞盛は事件を聞き急ぎ下向,天慶3(940)年将門を打ちまかした。事件の顛末は『将門記』に詳しい。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいらのくにか【平国香】

?‐935(承平5)
平安時代前期の武将。本名を良望(よしもち)という。桓武天皇の曾孫高望王の子。常陸国大掾に任じ,鎮守府将軍を兼ねた。常陸,下総,下野などの諸方面に勢力を扶植した坂東桓武平氏中心人物であったが,婚姻や所領に関する一族の内紛の結果,935年2月,真壁郡野本付近で弟良将の子将門と合戦し,敗死した。いわゆる平将門の乱の発端となった事件である。【小田 雄三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいらのくにか【平国香】

?~935) 平安中期の武将。高望王の子。常陸大掾鎮守府将軍に任ぜられ、東国に土着。甥おいの将門まさかどと争い、これに殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平国香
たいらのくにか
(?―935)

平安中期の武将。桓武(かんむ)天皇の曽孫(そうそん)高望王(たかもちおう)(平高望)の子。良望(よしもち)とも称す。889年(寛平1)、父高望王の臣籍降下(しんせきこうか)、任上総介(にんかずさのすけ)に伴って東下(とうげ)し、やがて常陸大掾(ひたちだいじょう)、鎮守府(ちんじゅふ)将軍を歴任した。常陸国(茨城県)真壁(まかべ)郡内の石田(しだ)に宅(たく)を構えて、南は筑波(つくば)郡、北は新治(にいはり)郡にかけての一帯を勢力下に置いた。931年(延長9)以来の舎弟平良兼(よしかね)(下総(しもうさ)介)と甥(おい)平将門(まさかど)の対立が一族内に波及し、前常陸大掾源護(まもる)一族をも巻き込み、将門との交戦は深刻化した。935年(承平5)2月、将門は伯父国香の勢力圏である筑波、真壁、新治の三郡内へ襲撃をかけ、諸所の小宅や農民の舎宅を焼き巡り、国香の石田宅(しだのたく)をも襲ったため、国香は焼死した。いわゆる承平(じょうへい)・天慶(てんぎょう)の乱の始まりである。[糸賀茂男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平国香の言及

【桓武平氏】より

…賜姓平氏のうち桓武天皇の皇子・皇孫に系譜をもつものの称(図)。桓武平氏に葛原(かつらはら)親王流・万多(まんだ)親王流・仲野親王流・賀陽(かや)親王流などがあり,さらに葛原親王流も高棟(たかむね)王流と高望(たかもち)王流とに分かれる。しかし,一般にはこれらの諸流のうちとくに高望王流の平氏を桓武平氏という場合が多い。
[東国の諸平氏]
 葛原親王の子高見王(高棟王の弟)の子が高望王で,彼は889年(寛平1)8月に平姓を与えられ,上総介になったことから,その子孫が東国地方に繁衍(はんえん)する基が開かれた。…

【常陸国】より

…旧国名。常州。現在の茨城県の大部分(下総国に属する南西部を除く。なお,北西部は陸奥国白河郡依上(よりかみ)郷(保)に属したが,太閤検地以後常陸国久慈郡に編入された)を占める。
【古代】
 東海道に属する大国(《延喜式》)。古く〈常道〉と表記されたこともある。国府は現在の石岡市石岡に置かれ(石岡小学校付近に国庁跡を比定する説が有力),国分寺,国分尼寺,総社も同市にあった。大化前代には新治(にいはり),筑波(つくば),茨城(うばらき),仲(なか),久自(くじ),高(たか)の6国造が置かれた地域で,また大和朝廷によって宇治部,額田部(ぬかたべ),八田部,多治比部,刑部(おさかべ),藤原部,孔王部(あなほべ),日下部(くさかべ)など多くの部が設定された。…

※「平国香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平国香の関連キーワード平氏扶桑集平安京平安神宮碓井貞光河上真奴河崎重家河崎基家紀木津魚百済教法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone