コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平手政秀 ひらてまさひで

7件 の用語解説(平手政秀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平手政秀
ひらてまさひで

[生]明応1(1492).尾張
[没]天文22(1553).閏1.13. 尾張
戦国時代の武将。経秀の子。中務丞と称した。織田信秀に仕え,のち信長の傅役 (かしずきやく) となって尾張清洲城に住し,信長の養育に精励した。のち家老となったが,信長の奇矯なふるまいをいさめるため,自殺した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひらて‐まさひで【平手政秀】

[1492~1553]戦国時代の武将。織田信秀の家老で、信秀の子信長の補佐役を命じられた。信秀没後、信長の振る舞いをいさめるために自刃、信長は政秀寺を建立して冥福を祈った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平手政秀 ひらて-まさひで

1492-1553 戦国時代の武将。
明応元年生まれ。織田信秀の家老。林秀貞とともに信秀の子信長の養育にあたる。信秀の死後,信長の奇行をいさめるため天文(てんぶん)22年閏(うるう)1月13日切腹。62歳。信長は非をさとり,僧沢彦(たくげん)に命じて政秀(せいしゅう)寺(名古屋市中区)をたてて供養した。初名は清秀。通称は五郎左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平手政秀

没年:天文22.閏1.13(1553.2.25)
生年:明応1(1492)
戦国時代の武将。平手経秀の子。通称五郎左衛門。監物,中務丞を称した。名ははじめ清秀。織田信秀の重臣で,信秀が信長に那古野城(名古屋城)を与えたとき,家老として信長の傅役となった。天文12(1543)年,信秀の命によって上洛し,内裏築地修理料として4000貫文を献上している。同16年,信長初陣に当たっては,政秀が後見を務めた。また同年,信秀と美濃斎藤道三との戦いのあと,両者の講和をはかろうと,道三の娘(濃姫)を信長に嫁がせるよう斡旋したのも政秀であった。同20年に信秀が死んでからも素行の改まらない信長に対し,しばしば諫言をしたといわれている。通説では,たびたびの諫言が聞きいれられないのを悲観して自刃したとされるが,『信長公記』によると,政秀の子が持っていた名馬を信長が所望し,それを拒絶して以来,両者の関係が不和になったとしている。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひらてまさひで【平手政秀】

1493‐1553(明応2‐天文22)
戦国期の武家で,織田信秀の老臣。初名は清秀,中務丞と称した。1533年(天文2)公家飛鳥井雅綱山科言継一行の勝幡(しよばた)城滞在中の接待に当たる。44年に信秀の命で上京,皇室に献金の役を果たす。このころ,林通勝らとともに那古野(なごや)の新城を与えられた信長に付けられて信長の育成に当たり,蔵入領支配を担当。47年の美濃大柿(大垣)攻撃後,斎藤道三の女と信長の婚約を献策し,成立させて和睦に導いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひらてまさひで【平手政秀】

1492~1553) 戦国時代の武将。織田信秀の家老。信長の養育係となったが、信長の奇行を諫めて自刃。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平手政秀
ひらてまさひで
(1492―1553)

戦国時代の武将。尾張(おわり)国(愛知県)の人。中務丞(なかつかさのじょう)と称す。織田信秀(のぶひで)の家老。信秀の命で上洛(じょうらく)して朝廷に奉仕し、また石山本願寺に赴いている。のち信秀の子信長の付家老(つけがろう)として林通勝(みちかつ)、青山与三左衛門とともに仕える。信長の幼少時より養育にあたったが、その奇行ゆえに信長が人心を失うことを恐れ、たびたび諫言(かんげん)する。信秀の死後も行状が改まらなかったため、1553年(天文22)切腹して行いを戒めた。信長はその非を悟り、僧沢彦(たくげん)に命じ政秀(せいしゅう)寺を建立して冥福(めいふく)を祈った。政秀寺は春日井(かすがい)郡小木(こき)村(小牧市小木)にあったが、1610年(慶長15)名古屋に移され現存する(名古屋市中区)。[橋詰 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平手政秀の関連キーワード江戸通政太田一吉織田信治織田信房織田信行長尾憲長一柳宣高平手汎秀牧野貞成矢野五郎左衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone