コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うら若い ウラワカイ

デジタル大辞泉の解説

うら‐わか・い【うら若い】

[形][文]うらわか・し[ク]
若くういういしい。多く、女性の若く可憐なさまをいう。「―・い乙女」
草木などの先が若くてみずみずしい。
「小里なる花橘(はなたちばな)を引き攀(よ)ぢて折らむとすれどうらわかみこそ」〈・三五七四〉
[補説]1の「うら」は「末」の意で、こずえが若くみずみずしいところからとも、「心」の意で、心の中にそのように感じられるというところからともいう。なお、2の用例「うらわかみ」は「うらわかい」の語幹に接尾語「み」のついた形。
[派生]うらわかげ[形動]うらわかさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うらわかい【うら若い】

( 形 ) [文] ク うらわか・し
いかにも若くて初々しい。多く、女性についていう。 「 - ・き乙女」
草木の枝先や葉が、青々としてみずみずしい。 「うらわかみ花咲きかたき梅を植ゑて/万葉集 788
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

うら若いの関連情報