座間味村(読み)ざまみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

座間味〔村〕
ざまみ

沖縄県那覇市から西方約 40kmの海上に浮かぶ慶良間諸島にある村。村名は主島名による。座間味島阿嘉島久場島屋嘉比島慶留間島外地島安室島などの後慶良間と呼ばれる約 20の島々からなるが,座間味島,阿嘉島,慶留間島以外は無人島。砂地で水利が悪く,農業には不適なため漁業が行なわれ,かつては県内随一のカツオ漁を誇ったが,近年従事者は少ない。ダイビングなどを目的に訪れる観光客が多くなり,民宿などが増えている。座間味島は前慶良間の渡嘉敷島とともに第2次世界大戦末期,沖縄島よりも前にアメリカ軍の攻撃を受け,多くの島民が集団自決した(→沖縄の戦い)。屋嘉比島と慶留間島の一部は国の天然記念物ケラマジカおよびその生息地として知られる。慶良間諸島国立公園に属し,慶良間諸島海域公園地区に指定。那覇市との間に航空便と船便がある。面積 16.74km2。人口 870(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座間味村の関連情報