コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡嘉敷島 とかしきじま

3件 の用語解説(渡嘉敷島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡嘉敷島
とかしきじま

沖縄県,那覇市の西方約 30kmの海上に位置する慶良間諸島中最大の島。渡嘉敷村の主島で,全人口が渡嘉敷と阿波連 (あはれん) の2地区に住む。第2次世界大戦における住民集団自決の悲劇の島。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とかしきじま【渡嘉敷島】

沖縄県那覇市の西方海上にある慶良間(けらま)列島最大の島。面積15.8km2。10余の無人島とともに島尻郡渡嘉敷村をなす。人口725(1995)。北部の赤間山(227m)を最高点とする山がちの島で,東岸に中心集落の渡嘉敷がある。第2次世界大戦前は那覇へ薪炭を供給,南洋諸島でのカツオ漁も盛んであった。現在は米,サツマイモ,野菜を産し,衰微したカツオ漁に代わって沿岸漁業が営まれる。観光化も進んでいる。那覇から村営定期船の便がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕渡嘉敷島(とかしきじま)


沖縄県の沖縄諸島西部、慶良間(けらま)列島最大の島。面積15.3km2。東方沖の前(まえ)島や付近の属島を合わせ、渡嘉敷村を構成。南北約9kmの細長い島で、北部の赤間(あかま)山(標高227m)はじめ山地が連なり、平地に乏しい。海岸には裾礁(きょしょう)が発達。全域が沖縄海岸国定公園に属し、観光地化が顕著。第二次大戦末期の激戦地の一つで、住民の集団自決があったとされる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の渡嘉敷島の言及

【慶良間列島】より

…列島の中央を南北に走る慶良間海峡を境に行政上は二分される。東部は,渡嘉敷(とかしき)島を主島として前島,儀志布(ぎしぶ)島,黒島など大小10余の無人島を含み,前慶良間と呼ばれ,渡嘉敷村に属する。面積19km2,人口725(1995)。…

※「渡嘉敷島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

渡嘉敷島の関連キーワード慶良間列島沖縄県那覇市曙沖縄県那覇市久米沖縄県那覇市久茂地沖縄県那覇市辻沖縄県那覇市泊沖縄県那覇市西沖縄県那覇市牧志沖縄県那覇市与儀沖縄県那覇市若狭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡嘉敷島の関連情報