コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘仁・貞観時代 こうにんじょうがんじだい

1件 の用語解説(弘仁・貞観時代の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

弘仁・貞観時代【こうにんじょうがんじだい】

嵯峨天皇の弘仁年間(810年―824年)と清和天皇の貞観年間(859年―877年)をさす文化史・美術史の用語。最澄空海による天台・真言両宗の興隆に応じて密教美術が栄え神秘性の濃い仏画・仏像が制作された。
→関連項目貞観時代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

弘仁・貞観時代の関連キーワード観心寺検非違使弘仁冷泉院亀山嵯峨源氏弘明寺新鳥蘇五百井女王多治比高子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone