コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘前[市] ひろさき

百科事典マイペディアの解説

弘前[市]【ひろさき】

青森県中西部,津軽平野南部の市。1889年市制。中心市街は津軽氏の城下町として発達,1897年の陸軍第8師団設置後第2次大戦終結までは軍都であった。第2次大戦後は国立弘前大学ほか2大学,2短期大学のある文教都市となった。奥羽本線,弘南鉄道,東北自動車道が通じる。青森リンゴ,津軽米の産地の中心地で,津軽塗,小衣(こぎん),津軽焼を特産。桜の名所弘前城のほか,西部に岩木山があり,山麓に温泉が点在する。8月のねぶた祭は有名。2006年2月中津軽郡岩木町,相馬村を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。524.20km2。18万3473人(2010)。
→関連項目弘前大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひろさき【弘前[市]】

青森県南西部の市。津軽平野南部の中心地。1889年市制。人口17万7972(1995)。秋田県境に源を発する岩木川市街地の西部を北流し,支流の土淵川が市街地を貫流している。市街地は洪積台地の末端に築かれた弘前城を中心として台地上に展開し,一部は沖積平野にもおよんでいる。弘前藩2代藩主津軽信枚(のぶひら)が築城してから城下町として発展し,津軽地方の政治・経済・軍事の中心となってきた。明治以後は県庁が青森市に移ったことで一時衰退したが,1894年の青森~弘前間の奥羽本線開通や,96年の陸軍第8師団司令部の設置で活気をとり戻し,第2次大戦終結までは軍都として栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

弘前[市]の関連キーワード森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼宇治

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android